日本ブランド

100円ショップでおなじみダイソーは
こちらでは$2ショップのDaiso

日本人ご用達かと思いきや 意外とローカルの人で いつもにぎわっている。

久々に買い物に行き レジで並んでいると前方で
ベルトを10本くらい(!)握り締めた男の人が
レジのお姉さんと話しているのが聞こえた。

男「本当にこれ一つ2ドルなの?♪」

店員「はい。」

男「なんで2ドルなの?♪」

店員「さあ?」

男「日本のなんでしょ?♪」

店員「はい。日本からです。」

男「日本のだったら(品質は)いいよね。日本のはいい。ところで今日だけ特別?♪」

店員「いいえ。毎日です。」

男「毎日!♪」

そして本当に満足そうに お買い上げ。

確かにダイソーは日本からだけど 売ってる品物は
Made in Chinaだったりするんだけどね。
そんなこと言ったら営業妨害になるので 黙って見送った。

『日本』『JAPAN』っていうだけで 一気に品質のグレードアップ。

そういえば こちらの中国(他タイなど東南アジア)製の商品のパッケージに
日本語が書かれていることがよくある。

日本人から見ると 片言の日本語の表記なんて怪しさ倍増なのに
日本人以外の人にとっては ある意味 なんとなくの品質保証になっているのだろう。
(たとえ製造も販売元も一切日本とは関係ないものだとしても・・・)
[PR]
by JUN-25s | 2010-07-20 23:14 | シンガポール生活
<< 今週のサマースクール Ballet Under Th... >>