マリーナベイサンズ

ベトナム・ハノイに転勤になった同じ会社の家族が遊びにきたので
一緒に食事をした後 お互い旦那に子供を預け 女二人で向かったのが
マリーナベイサンズ
a0074753_14323159.jpg
マリーナに新しくできたあの3棟建のホテルの前は
ブランドショップが並ぶショッピングモール。
a0074753_14335185.jpg

円錐状になっている
ガラス張りの屋根。
中央に穴が開いており、それを狙ってか
コインが沢山投げ込まれていた。

a0074753_14375326.jpg
そしてカジノ
中はもちろん写真撮影禁止なのでここまで。
入り口でパスポートを提示。
カジノはかなり広い2フロア。
中央が吹き抜けになっているので
上から下のフロアにテーブルがすらりと並んでいるのを
見下ろすことができる。
さらに上のフロアはなにやら特別会員のための専用の部屋やレストランらしい。

ドレスコードもたいしてないようで みな普通の格好。
マレーシア・ゲンティンよりずっと広いせいか ごちゃごちゃしていない。
そして沢山人がいるのに みな黙々と集中しているため 静かだ。

まずはテーブルを一通り見て周る。
バカラやブラックジャックなどのカードゲームは
ミニマムベット(最低賭け金額)が$25くらい。
そしてさりげなく書かれてあるマックスベットが$2000って。。。
誰が一度にそんなに賭けるわけ?

ルーレットもミニマム$15や$10くらい。
客がお金代わりのチップをテーブルにどんどん置いて ルーレットがまわり
あっという間にディーラーのもとに回収されていく。
「えー。今の一瞬で$○なくなったってことだよね~?」
驚いているのは私たちだけで みんな平気な顔してどんどん 賭けていく。

客はほとんどが中華系(おそらくシンガポーリアン)。
外国人はほとんど見かけなかった。
シンガポーリアンは入場するだけで$100かかるというのに。
それでもこの決まりがなかったら 賭け事好きなシンガポーリアンの破産者続出だろう。

さて私たちもメンバーカードを作り、遊ぶことに。
といってもカードゲームはルールが分からないし、
ルーレットに賭ける度胸もないので
私たちはスロットマシーンで。
こちらはかわいらしく1セント、2セント、5セントの台がある。
1セントは人がいっぱいだったので2セントの台で。

10ドルからスタートして増えたり減ったり、途中大当たり♪が何度かあり
50ドルまで増えたけれど最終的には全部使って終わり。
それでも1時間近く遊べた。
大当たりしたときは結構興奮する。
けどまあ所詮2セントの台なので 増えてもたかがしれてるけど(笑)

ま、そんな感じで普通の主婦の私たちは散財することもなく
ささやかにカジノの雰囲気を楽しんだのです。
友達と並んで台に座ってしゃべりながらってのもなかなか面白かったし。
Tさん どうもありがとう☆
[PR]
by JUN-25s | 2010-08-02 09:26 | おでかけ
<< 『The Sorcerer&#... 練習開始 >>