仙台

地震が起こってから、日本のことが本当に心配だった。

以前仙台で住んでいたのは太白区。
津波の被害がひどかった名取市は 太白区のすぐ下。

車の運転の練習のために いつも名取の大きなスーパーまで行っていた。
仙台空港や空港近くの岩沼海浜公園にもよく遊びに行っていた。
子供たちのお宮参りや初詣に出かけた竹駒神社。
さらにその先の亘理へは「いちご狩り」や「はらこめし」を食べに行った。

津波であのエリアの何もかもが押し流される映像を見るたびに
仙台での生活が思い出されて 辛い。

ようやく週明けに仙台の友人たちの無事が確認できて 一安心できた。
幸い津波の被害はなし。
ただライフラインが止まっているので 避難していたりと未だ不自由だそう。
この時期はまだまだ寒さが厳しい仙台。
私自身阪神大震災のときに被災したけれど
寒さはここまでじゃなかったはず。
あの時は余震が怖くて 電気がつくようになると
洋服を着たまま電気をつけたまま寝ていたのを覚えている。

不安で不自由で 異常なストレスの日々。
早くみんなが 開放されて普通の生活に戻れますように。
[PR]
by JUN-25S | 2011-03-15 09:27 | シンガポール生活
<< 祈り 国際緊急援助 >>