タイプーサム

ちょうどRINのバレエの特別レッスンのある日に
タイプーサムが重なってしまった。

タイプーサムは体やほおに長く太い釘を刺し、
カバディ(Kavadi)といわれる儀式用具を持ってヒンズー寺院に参拝する
ヒンズー教の奇祭。

リトルインディアから信者の行進が続くのだが
何が困るって、バレエ教室の近くが行進の目的地の近く。
道路も閉鎖されてる場所があるし、混雑必至。

ということで、バスを使わずMRTで行くことに。
駅から歩く道がちょうど行進の進路と並行しているので
見るつもりがなくても間近に。痛々しい。。。

a0074753_11282847.jpg
帰りは目的地の寺院まで行ってみたが
ものすごい人だし、
その雰囲気に子供たちも怖がったので、
すぐに戻ることにした。

駅まで歩く道も周りが99パーセントがインド人。

もうシンガポール中のインド人が集まってるんじゃないかってくらい。

ドービーゴートの駅近くまで来て、普通に中華系のシンガポーリアンを見つけた時
YOUとRINは「あー、いつもの人たちがいる。」と安心していた。

ところで、タイプーサムって何?とRINが聞くので、簡単にインドのお祭り、と説明したら
カバディを背負う人を見るたびにRINは
「あ、あそこにも わっしょいわっしょい がいるー♡」

・・・て、おみこし?
[PR]
by JUN-25s | 2014-01-17 23:16 | シンガポール生活
<< 新年会♪ 黒丸をカスタマイズ >>