ブログ最終回にむけて

突然ですが

本帰国が決まりました。

7月末で日本に帰ります。

8年4か月。。。もう充分なくらいのシンガポール生活。
いつ帰国になってもおかしくはなかったけれど
やっぱり急だと、ばたばたです。

6/9に旦那から電話で知らされて、中学の体育大会の振替で
家にいたAMIに「帰国だって。。。」とうっかり即話てしまい
大号泣されました。(私のばか。。。)

その後が大変。なだめて、落ち着かせて、塾のテストに行かせました(鬼?)

失敗した~。旦那からも怒られました。。。

それからはまだ公にはできなかったので、周りだけでなくYOUとRINにも当分内緒で。
AMI一人だけに辛い思いをさせてしまいました。

で、一週間後くらいにちょうどYOUが

「YOUは卒業アルバムの実行委員なんだ~。」
と嬉しそうに話すのを聞いて
旦那と目配せして「その仕事、残念だけどできないかもしれない。」
とうとう帰国の話を切り出して。。。

YOUとRINはそりゃあ驚いたけれどAMIのように泣いたり取り乱すこともなく
不思議なくらいあっさり。

その後友達に話すと、ほとんどのみんなが、かなりびっくりして

「JUNさんはずっとシンガポールにいるかと思っていた。」と。(苦笑)

そうね、私もうっかりそんな気がしてしまうくらい、長くいました。

今はまだお別れが悲しいとか、そういう気持ちよりも
決めないといけない、やらないといけないことがたくさんあるのでテンパっています。
落ち着いたら、じわじわ寂しい気持ちが来るのかな。。。

そして あれだけショックを受けていたAMIですが

今ではぐずぐず引きずっている様子もなく、聞くと(6/25現在)

めそめそしていたら時間がもったいない。
それよりもたくさん友達と遊んで思い出を作りたい。
と。

いろいろ思うところはあるはずだけど、聞いた初日に吐き出した分
受け止めて前向きになったようで安心しました。

あまり感情を出さないYOUが心配。
(修学旅行に行けないし、卒業式も新しい学校。。。)
RINはそれこそあまりよくわかっていない様子。

子供達、これだけどっぷりシンガポールに馴染んでいるのに
帰りたくない、と後ろ向きなことを誰も言わないのが不思議。

心の中では思っているはずだけど、出さない。

親が考えているよりもずっと(精神的に)強いのかも、と思いました。



さて、そういうわけでこのブログももうすぐ最終回を迎えます。

これからさらに怒涛の一か月になると思いますが
最後まできちんと書いて、シンガポール生活を締めくくりたいと思います!!
[PR]
by JUN-25s | 2014-06-09 00:37 | シンガポール生活
<< IKYU 『Disney's M... >>