あわや。。。

シンガポールに来てから パパの海外出張が増えた。
タイやベトナム、インドネシア など。


その日もパパが出張で留守だった。
金曜日の夜 風呂上り 3姉妹とママでのんびりと過ごしていたときのこと。

突然 YOUの泣き声が、

「ビーズが鼻に入ったあ~!!

「!?」

YOUはアイロンビーズで遊んでいたのだが
どうやらそのビーズ(5ミリくらいの筒状)を
何を思ってか 自分の鼻に入れてしまい、出てこなくなったようなのだ。

「急いで鼻ふん!しなさい。(かみなさい)」

「でない~(泣)」

鼻をかませてもビーズは出てくる気配なし。
YOUは泣き続ける、ママの必死な様子をみて何故かAMIも泣き出す。
姉たちにつられてRINも もれなく号泣。

「うるさ~い!!!」

ビーズがこのまま器官に詰まり 窒息したら大変なので
ママは大慌てで 病院の時間外診療窓口へ電話。
とりあえず診てもらえることになったので急いで病院へ。

「急いで。今からタクシー呼んで病院いくから!!!」

子供たちはパジャマのままでもいいが、ママはそういうわけにはいかないから
着替えて(もちろんすっぴんのままで)用意をし、
タクシーの電話番号を探していた。

その間ずっと泣き続ける3姉妹。

AMIは
「病院行ったらYOUちゃんの鼻、切るんでしょう?そんなのダメ~」
と、泣きながらティッシュを持ってYOUの鼻をかませ続けていた。
YOUはパニックになって AMIにされるがまま。

そしてまさにタクシーに電話しようとしたそのとき

あ、出た。」

なんとAMIがあきらめないで ずっとYOUの鼻をかませていたら
YOUの鼻からポーンとアイロンビーズが出てきた。。。。。。

**********

子供というのは想像もつかないことをするものだ。
ビーズはRINの口に 入らないように、とは注意はしていたものの
まさか、自分の鼻にいれるとは。
きっと魔がさしたのだろう。

それにしても、よりによってパパの出張中
ママ一人で3人を連れて、夜 タクシーで病院に駆けつける
などという事態はこれからも あって欲しくないものだ。

a0074753_10283480.jpg

**********

そして後日
「YOUちゃんが鼻にビーズいれてね、そしてAMIがYOUちゃんを助けたんだよ!

武勇伝を会う人全てに語る AMIがいた。
[PR]
by JUN-25S | 2006-06-29 17:42 | 子供
<< 気球に乗ってどこまでも~ 確かに紛らわしいけど >>