おたんじょうび会

AMIの誕生日に幼稚園で誕生日パーティをやってもらうことになった。

やってもらうというのは

先生に事前にお願いして日にちをアレンジしてもらい、
誕生日の子供の親が ケーキやクラスのお友達へのちょっとしたおみやげを
幼稚園に持ち込んでパーティをひらいてもらうのだ!

つまりこちらから働きかけないと 幼稚園での誕生日パーティは開かれない

ママも事前に先生に日時、クラスの子供の人数、ケーキのサイズ、を確認した。
ケーキはクラスの子供たち全員(22人)に行き渡らせるということになるので
1.5キロといわれた。キ、キロって。。。想像がつかないビッグサイズ。

AMIを連れて近くのケーキ屋に注文をしに行くと、子供向けのキャラクター入りのケーキの種類も多く、AMIはマイメロディのケーキを選んだ。
a0074753_10172916.jpg

YOUは「自分はキティ!」と叫んでいたが、
あんたはまだ先。
この店1.5キロサイズのケーキがないのでその上の2キロを予約。


’ちょっとしたおみやげ’ はグッディバッグとよばれ、
駄菓子屋さんにありそうなおもちゃや飴などのお菓子が入っている。
a0074753_10182520.jpg
AMIもYOUも幼稚園から時々 誰かの誕生日があると持ち帰っていた。
これはコンコースという問屋さんでまとめ買いをすると安く手に入る。

ママも事前に購入しせっせと袋詰め。
シャボン玉、カラフルペン、ピーピー笛、あめ、ラムネなど。
写真のようなギフトバッグも いろいろな種類のものが売られていた。

誕生日当日、重い2キロのケーキを受け取り、幼稚園へ。

ケーキにロウソクをともし、みんなが歌をうたってくれて
(英語と中国語でハッピーバースデー)、
ケーキを切り分け、食べて、グッディバッグを配って、たんじょうびパーティ?終了。
a0074753_10375945.jpg


もちろんビッグサイズのケーキは余り、先生に「持ち帰るか?」と聞かれたが
「YOUのクラスにも配ってください」とお願いした。
たったこれだけのことなのに、ママぐったり。

ぐったりしたのには訳が。。。
ここまでさらっとパーティの様子を伝えたが 実はさらっとは進まなかったのだ。

AMIがケーキを前にして 恥ずかしくなったのか、泣き出してしまい
あろうことか ロウソクを吹き消すのが嫌だとすねだしたのだ。
用意しておいた冠もかぶろうとしない。家ではのりのりでかぶっていたのに。
みんなに注目されると、照れくささのあまり泣き出すAMI。主役なのに。
こうなるだろうことは予想していたが、まさにその通り。

a0074753_1030775.jpg
誕生日席にいるAMIはすねて泣いている。

お友達はロウソクを消して
ケーキが食べられるのをじっと待っている。

ロウソクがどんどんケーキにたれてくる。

先生困っている。

ママ仕方なしにYOUを借り出し、ママと一緒にロウソクを消してもらう。。。
なんでママとYOUが。。。
ロウソクを吹き消すのって普通みんな楽しみにしてるんじゃない?

気持ちは分からなくもないが、こちらもいい加減腹が立ってしまう。

AMIはケーキを食べる頃になるとけろっとして
グッディバッグは自分が配る と言い出したり、
お友達を紹介し始めたり。。。。。

そんなことより久々のRINおんぶでママ腰が痛いんですけど(泣)。

そんな訳で 誕生日なのにみんなからプレゼントがもらえるわけでもなく
ひたすら与えるのみ (泣)
のシンガポール流おたんじょうび会。

AMIにとって最初で最後の幼稚園でのたんじょうびパーティ。
まあ全部ひっくるめていい思い出になったことだろう。

a0074753_10383419.jpg

この冠 用意してたんだけどね。。。
a0074753_10385472.jpg

[PR]
by JUN-25S | 2006-07-11 10:51 | 子供
<< 母親失格? 授業参観 >>