憧れの Raffles Hotel

ランチブッフェをリサーチし続けていたママ。

そして先日AMIの誕生日ランチに選んだのは

かの有名な ラッフルズ・ホテル (あ、以前タクシーで間違われたところです)

シンガポールを代表する超一流ホテル。
エレベーターの内装からして造りがゴージャス。
その重厚な木製(マホガニーとかそんな感じ)のエレベーターを見て

AMIが 「すごいね~、たんすみたい。」

・・・(笑)確かに、見えなくもない。子供の例えって鋭い。

ランチビュッフェの場所は bar & billiard room
ここは100年以上も前に造られたコロニアルな別館で、
ほとんど当時のインテリアのままという。

古きよき時代を彷彿とさせるゆったりとした空間。
それはそれは優雅でとても雰囲気がいい。

a0074753_11394927.jpg


子連れだと気後れするかと思いきや ランチの時間帯なので
家族連れが多く安心。欧米人率高し。
高級ホテルだけあって、店員も感じがよい

YOUがナプキンを落とすたびに、笑顔でさっと拾って新しいものに取り変えてくれる。
すぐに落としてしまうから 苦笑しつつも ひたすら恐縮。

料理のほうは 蟹、伊勢海老など豪華なお刺身やアンティパスト、
ローストビーフ、お寿司、サラダ、チーズ、パンなど。
どれもおいしかったが何しろ種類多く、どれを食べるか迷ってしまうほど。
デザート類も充実していて 目の前でソースをかけてくれるクレープや
出来立てのスフレ、各種ケーキやアイス、チョコレートなど。

ゆっくり時間をかけて堪能したが、もちろん全品制覇はならず。
優雅な雰囲気、味ともに大満足なランチブッフェだった。

食事中の3姉妹はというと。。。

a0074753_11403716.jpg
おすまししてパンをいただく
AMIとYOU。


a0074753_1141423.jpg
いつものように寝かされてしまったRIN。
ちなみに首の周りにあるのはまくら。


RINの寝ぐずりで最初の30分程は パパとママ交代であやしていたが、
寝たあとはゆっくりと食事をすることができた。

パパも今回は居眠りすることはなく、真剣に取り組んで(?)いた。
よしよし、今回のランチは成功ね。

そして、食事が一段落したそのとき、

ママとパパは驚愕の事実を知ることになる。

つづく。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-07-15 11:53 | 外食
<< 事実判明 散髪 >>