事実判明

つづき。


「うまかったし、腹いっぱいになったけど、肉とかはないんかな?

と、パパがつぶやいた。

「そうだね。ロスとビーフとかならあったけど、気づかなかっただけじゃない?
AMIとYOU連れて探してきたら?」

と、ママ。

パパ、2人を連れて再度料理の並んでいるほうへ。
戻ってきたその手には追加のアイスや、フルーツのみ。

ふと何気に横のテーブルの人を見ると、なんと大きなステーキ
ナイフを入れているところだった。


「ちょっと見て!ステーキだよ!!きっとどこかにあるんだよ。」

きょろきょろあたりを見回してみる。どうやら奥の個室になっているところが 怪しい。


「ちょっと、見てくる。」

奥の部屋に進み、そこからテラスへと続く扉を開けたとき、ママが見たものは



煙の立ち込めるバーベキューコーナー!


ビーフ、ポーク、チキン、ラム、各種バーベキュー、グリル、パスタに
大きなチーズに入ったその場で作ってくれるリゾットまで!!!
おいしそうなにおいが立ち込めていた。


「いやあああ。なんでこんなところにあるの(泣)?!」

「なんで誰もおしえてくれないの(大泣)?!」

「言ってよおおお。。。。。(号泣)」


どれほどママがショックを受けたか 分かるだろうか。
パパに報告するも、パパも苦笑。

こうなったら 絶対にあのステーキをせめて一口 食べてやると、
それから1時間近くコーヒーを飲みつつ粘ったものの

時すでに遅し

ママのお腹は これ以上何も食べものを受け付けてくれなかった。
数十分前の、スモークサーモンのお代わりが、パンが、
何もかもが悔やまれる。

パパも最後の締めでフルーツを一皿食べてしまったため、
悔しそうながらもステーキは食べられず。

そう、驚愕の事実とは、
気づかなかったメインの料理の存在 である。

メインを食べていないのに、
うかつにも それ以外の料理、デザートでお腹をいっぱいに
してしまったとです(泣)。

ヒロシです・・・・・・

しかし、

メイン以外の料理は(冷たいものばかりだけど(泣)しつこい?)おいしかったし、
老舗ホテルのゆったりとした雰囲気のせいか
落胆しつつも不思議と(メインを食べていないからといって)
料金がもったいなかったとは思えない。

いえ、ほんとに。

強がりではなく。。。


a0074753_2241573.jpg

a0074753_11522331.jpg

a0074753_22413036.jpg


おいしいスイーツに笑顔♪

a0074753_22415647.jpg

食事終了間際にお目覚め。遅れを取り戻そうとパンにかぶりつくRIN。


AMIとYOUも椅子からずり落ちたり、おしゃべりしたりと
まあ、相変わらずで 決して大人しくしていたとは言いがたい。。。

ただ ブッフェということもあり、料理が並んでいるのを一緒に選びにいったり、
また 途中でトイレに行ったりと
(これまたおしゃれなトイレで AMIなど「ここに住みた~い」って、
あの、ここはトイレなんだけど。。。)

じっと座っていなくてもよい 状況だったので
子供たちが 退屈して「帰ろう~」と言い出すこともなく
子連れでも まったくOK、のホテルランチ。

今回のリベンジは来る11月のママの誕生日に。
きっとそのとき パパとママは、まず今回食べられなかったステーキを最初に
食べているだろう と思われる。

まあ、初めての海外生活、楽しそうに見えても 失敗もそれなりにあるということで。
[PR]
by JUN-25S | 2006-07-16 23:09 | 外食
<< たんじょうび 憧れの Raffles Hotel >>