サークル・デビューのはずが・・・

シンガポールにも「ぷるち~の」という育児サークルがある。

以前日本で参加していた自主運営の形のサークルとはちょっと違い、
ボランティアのスタッフが活動を進めていき、それに参加する形。

月齢別に活動日が分かれているので 活動日には同じくらいの子供ばかりが集まる。
RINは9ヶ月~1歳3ヶ月の「ぷち」といカテゴリーに参加。
結構楽しい。あっという間の一時間だった。活動は月に一回。

そこでサークルのスタッフ募集が目に留まるママ。
5年間の育児サークル生活が体に染み付いてしまっているのだろうか(笑)。。。
普通に参加するだけでは物足りず、早速スタッフに申し込み。

昨日がその、サークルスタッフ・デビューだった。

ママの担当はおなじみの手遊び「ら・ら・ら・ぞうきん」
順番が回ってきて、いよいよ という ちょうどその時。。。

携帯電話が。。。

まさか。。。

そう、幼稚園からの呼び出し。なんという絶妙のタイミング。
今回はAMI。熱が38度以上あるという。

がーん。

すぐに迎えに行くつもりではあったが
もう今、まさに手遊びを始めようと、参加者の親子が丸く輪になって座っている。
とりあえず進めなくては、と
気が動転しつつも、「ら・ら・ら・ぞうきん」の手遊びを披露し、
他のスタッフに声をかけて急いでその場を後にした。

ううう。せっかくのデ・ヴ・ューだったのに、
あせって自分でも何をやったのか(いや、確かにただの「らららぞうきん」だけど)
分からない
もっと落ち着いて、楽しくやりたかったのに。
声がひっくり返り、目が泳いでいましたから~ 残念。

一瞬だけど、かつてのサークルお当番がフラッシュバック。懐かしい。


**********

さて。
今週はめづらしく 交代で熱を出している子供たち。

そういえば、シンガポールに来て、
まだ熱をだしていないのはママだけ?

ママが倒れたら大変なので、免疫力をとビタミンCを取り、
うがい、手洗いと、
予防を心がけてはいるけれど。

次に熱を出すのは・・・
[PR]
by JUN-25S | 2006-07-21 09:57 | 子供
<< 4ヶ国語の世界 チリクラブ >>