4ヶ国語の世界

歩いているとよく道を聞かれる。
日本にいる頃からそうだったが、ここシンガポールでも然り。

まあ、ベビーカーを押してのんびり歩いているから
時間に追われて早足で歩いているキャリアウーマンよりは声をかけやすいのだろう。

道を聞かれるのはかまわない。知っていることなら教えてあげたい。

しかし

英語で話しかけられたら(知っている場所であれば)答えてあげられるものの
中国語や、はたまた何語か分からない言葉で話しかけられても

道を聞いてるのか?
時間を聞いているのか?
子供についての世間話か?
ナンパするつもりか(ありえない)?

さっぱり分からない。
そんなときは仕方なしにちょっと困った顔をして ジャパニーズスマイルで

Sorry, I can't speak Chinese.

とだけ返事。
Chineseのところは「どう考えても中国語じゃなさそう」というときには
I can't spetak … と消え入るようにしゃべってごまかすが
(話せないって、何が? 今しゃべってるじゃん)と心の中でつっこんでみる自分。


シンガポールは多民族国家である。
中国系が8割を占めるが、その他にもマレー系、インド系等、多くの人種がいる。
そのためMRTや街中の案内、商品のパッケージに至るまで
英語、中国語、マレー語、タミール語と4ヶ国語表記。

a0074753_964618.jpg

駅の構内案内も4ヶ国語表記。

a0074753_921860.jpg

おむつだって、このとおり。

英語プラス母国語は当たり前のシンガポーリアン。
もしかして4ヶ国語が全部分かる人も、いるのでは。多分いるはず。
[PR]
by JUN-25S | 2006-07-22 09:09 | シンガポール生活
<< 今年も九州で水害。。。 サークル・デビューのはずが・・・ >>