つらかったね

YOUの担任の先生からの連絡帳に

「YOUがクラスのお友達の腕をつねったため、
引っかき傷まで出来ており、先方の保護者がひどく怒っている。
注意をして、理由を聞いて欲しい。」

と書かれてあった。

びっくりした。
その子とYOUは仲良しのはず。
そんなひどいことをするなんて信じられなかったが

YOUにどうしてそんなことをしたのかと聞くと
「やっていない。」と言う。
AMIも「YOUちゃんは絶対にそんなことしていない。
その子は朝バスから降りるときに既に怪我をしていた。」
と必至にかばう。

しかし もし本当だったら先方に謝らなければならないし、
YOUに本当のことを言うように聞いてみたが
やっていないの一点張りで泣き出してしまった。

YOUは3歳児なので仕方ないが
言っていることがあやふやだったりする。
しかしAMIはいつも 連絡帳の必要がないくらい
かなり詳しく幼稚園でのことを話している。
そのAMIが違うと言っているし、
二人揃って嘘をついているとも思えない。

そこで

「本人は絶対にやっていないと言っている。
私もそう信じたい。
YOUがやったところを見た人がいるのか。
それががはっきりしないのならばこちらも注意のしようがない。
しかしもし本当であれば本人に注意し、二度としないように約束させる。」

と先生に返事を書いたところ
(今読み返してみると、否を認めずかなり勝手で
過保護な親の返事に思えるが)

犯人はYOUではなかったことが翌日判明。
先生は先方の母親から誤解だったと謝りの連絡を受けたそう。
その怪我をさせられた子が、親に聞かれたときに
つい仲の良いYOUの名前を出してしまい、
そのまま後に引けなくなったらしい。

子供って難しい。こういうことはよくあるだろう。
でも昨日YOUは 幼稚園で先生に叱られてしまったんだろうな。
やってもいないことに対して。
そして英語で弁解も出来ずに つらい思いをしたと思う。

やっていないと言うYOU、妹の事を必至でかばうAMI。
2人を信じてあげてよかった。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-08 00:21 | ひとりごと
<< バラのマーク どんぐり ころころ >>