バースデーパーティ

AMIが幼稚園からクラスのお友達Jくん(男の子、欧米系)の
バースデーパーティの招待状をもらってきた。

AMIに聞くと「行きたい!」と目を輝かせる。
(多分、パーティ会場がプール脇なのでコイツはプールが目当て)

日曜なので本当はパパ一人で子供たち連れていかせようか
と思ってたけれど
ママの体調もよくなってきたし、
AMIが「ママも来て!」とうるさいので、ママも行くことに。

着いてみると既に何人か集まって、おしゃべりしたり、遊んだりしていた。
同じクラスの日本人のお友達もちらほらと。
それ以外は皆欧米系の親子ばかり。

まず、Jくんのママとパパを見つけてご挨拶しないと、と探していると
「キテクレテアリガトネ~。」
日本語でにこやかに挨拶して近づいてくる人が。Jくんのママ。
なんとJくんのママ日本に住んでいたことがあり日本語が出来るらしい。
そしてパパも日本語を少し話していた。ちょっとホッとした。

さて、パーティのはなし。

ママたちが着いて少ししてから、子供達を集めて写真撮影。
その後、子供たちを並べてボードに自分の名前を書かせたり、
音楽にあわせてダンス、椅子とりゲームなどあれこれ。

a0074753_10473123.jpg


子供がダレて来た頃にお待ちかねのプールタイム。
すぐ隣のプールに飛び込む子供たち。
a0074753_1111967.jpg


a0074753_10414692.jpg
プールでも何人かのパパ達が的になって子供達が水風船を投げつける!
ゲームをしたりで大盛り上がり。


Jくんのママは次々に子供たちに遊びやゲームを提供し、
パーティを盛り上げていく。
(それなのに主役のJくんはプレゼントのおもちゃで
マイペースに一人で遊んでばかり だったが・・・)

料理もいろいろ。
a0074753_10482359.jpg
いなりずしやのりまきも。
「日本ニスンデタカラコレクライデキルヨ~!」
とJくんのママ、すごいなあ。。。


あっという間に4時間近くたち、
ケーキが登場。
そうなると万国共通、ハッピーバースデーの歌を皆で歌う。
英語、スペイン語、中国語、日本語(おたんじょうびおめでと~)、
フランス語、
と順番に歌った。それぞれの国の人が来ていたということ。

最後までいた我が家、また写真撮影にも参加。
a0074753_1184550.jpg

自宅のコンドのプールサイドでバースデーパーティを開くのは
楽しいけれど
よく見ているとやはり、ステイのメイドさん が料理の補充や
空いた皿の後片付けなどの、裏方の雑用をしていた。
だからホスト、ホステスはパーティで客の相手に専念できるわけ。

出席者でもRINと同じくらいの赤ちゃんがいる家庭は
アマさん同伴で来て、赤ちゃんはずっとアマさんがお世話していた。
我が家はパパがRINをずっと抱っこしていたけれど。。。

ま、主催するのは不可能でも、参加するのは楽しいので
また子供たちの誰かが招待状をもらってきたら嬉しいな~♪
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-25 10:42 | シンガポール生活
<< 恐るべき連鎖反応 RINからの贈り物? >>