紛れもなく子連れ。。。

平日だけどパパは会社をお休み。

夫婦で久々の子抜きランチができる!

相変わらずRINは子連れの中にはカウントされず。
↑ しかし これが後になり間違いだったと気づくのだが。。。


今回は前回のローカル料理とは違い
ラッフルズホテルへ。

ティフィンルームでのカレーのランチブッフェ。

ここでは観光客には午後3時半からのアフタヌーンティが人気だが
在住者にはランチのほうが人気があるらしい
とのことで行ってみた。

ホテルのロビー脇のエレガントな雰囲気のスペース。

ビジネスランチのグループが多く
観光客らしき姿はいない。
お一人様ランチをしている会社員もちらほら。
子連れも2組くらい。
ちゃんとベビーチェアを用意してくれていた。

a0074753_17374041.jpg


いくつかの種類のカレーがあり、
タイ料理のお店で食べるカレーほどは辛くなく
ほどよい辛さで食べやすい。
ココナツミルクベースの蝦やチキンのカレーって美味しい~。

a0074753_17365266.jpg

そしてよく分からない ピクルス的なものも多数。

デザートのケーキやお菓子は甘すぎていまいちだったけど
カレーは美味。

残念ながらRINには無理なので
ひたすらご飯やナン、フルーツなどを食べていた。

さすがに一流ホテルだけあって、
サービスが行き届いている。

サービスが行き届きすぎて、
食事の途中、RINのフルーツを取りにいっていたら
食事途中のお皿を さっさと下げられてしまった。
まだ、食べるつもりだったのに、
そんな贅沢な食べ方してると思われたら心外だわ・・・。

RINの側を通るたびに
ウエイター達はほっぺをつついたり、話しかけたりと
ちょっかいを出して相手をしてくれていた。

しかし、
RINも飽きてくるといつもどおり脱走を試みる。
叫んでみたり、身をよじったり。。。
すかさずウエイターが気を利かせて
アイスクリームをサーブしてくれたりしたが
結局はベビーチェアから降りて

ママに「抱っこ」。。。

そろそろRIN連れのランチも辛くなってきた。
[PR]
by JUN-25S | 2006-12-05 17:25 | 外食
<< イヤー・エンド・コンサート(前編) 対照的 >>