RINの親離れ?

Garage@Venturesのトライアルに。

シンガポールのローカル幼稚園は1歳半から通うことができる。
RINも1歳半を過ぎ、周囲からは
「幼稚園に入れてもきっと大丈夫。」
との太鼓判を押され 考え始めていたところ。

ただ、まだフルタイムの幼稚園では体力がもたないし
金銭面的にも負担がかかるので
幼稚園と託児所を合わせたようなこのスクールを選んだ。

場所はオーチャード。
教室の奥におもちゃを見つけると
早速入って遊びだしたRIN。
「これなら大丈夫。」と思い立ち去ろうとすると

「ぎゃあ~。」と号泣が。

「やっぱり泣いたか。」
と思いつつも、その場を去る(笑)。

ひとときの一人っきりの時間。
いつもベビーカーで歩いていた道が別の場所のよう。
手ぶらってなんて楽なの~。

「こんな階段だって歩けちゃうもんね。」
と今までスロープを使っていた場所の階段を上ったりして
一人で無駄なことをしつつ時間は過ぎていった。

とりあえず初回なので早めに戻り こっそり隠れて教室の様子を伺う。
RINはというと べそをかいて先生に抱っこされていた

「あちゃ~。ずっと泣いていたのかしら?これはやっぱり無理かも。
託児はまだ早かったかな。。。」

教室は他に5人ほどのちびっこが。
RINが一番小さいようだ。
しばらくすると泣き止んで遊びだした。

一生懸命先生の話(もちろん英語!)を聞こうとして
先生のほうを見て
他の子供たちと同じようにダンスや手遊びをしようとしている。
そんなRINを見ると けなげでいじらしくもあり。。。(ええ親バカですとも)

で、終了後教室に顔をのぞかせ、
「わ~ん!!」と泣きながら飛びついてくるかと思いきや
「あら、ママじゃない。来たのね。
なんて顔をしてママを一瞥すると おもちゃへ戻っていったRIN。
まさに肩すかし?

二時間ぶりの親子の対面はどこ?!

先生は「RIN-chan No Problem!」と。
なんでも泣いていたのは最初の5分だけで
その後は普通に遊んでいたそう。
ママが迎えに来たときに泣いて抱っこされていたのは
こけて頭をうってしまったから、だって。

な~んだ。。。全然大丈夫じゃない。

「このまま続けるかどうかを検討するか?」
と聞かれたけれど
さっそくその場で(笑)週一コースを申し込み。

たった2時間だけどママものんびりしてくるから
RINも新しい世界で鍛えられて楽しんできてね。
[PR]
by JUN-25S | 2007-03-07 18:08 | 子供
<< おうちカフェ 地震 >>