閨閥(けいばつ)って

30数年生きてきて初めて聞いた言葉かも。。。

「華麗なる一族」 に はまっている。

こちらでは放送されていないので
日本のテレビを録画したDVDを友達から借りて見ている。
先週が最終回だったらしいが、見ているのはまだ途中。

先日原作を実家の母に送ってもらい
一気に読んだので
結末は分かっているが
テレビドラマも面白く ぐいぐい引き込まれる。

高度成長期真っ只中神戸が舞台。
金融再編や企業同士の戦いの中、
親子の葛藤がベースにある壮大なストーリー。

物語の中心となる鉄鋼会社をはじめ
大蔵省や銀行関係全てが
とても緻密に具体的に描かれている。
フィクションなのに、事実に基づいているかのような内容で
久々に見ごたえのあるドラマ。

ママ自身が昔
神戸で某鉄鋼会社の子会社に勤めていたため

キムタクが演じる鉄平が経営する
鉄鋼会社の工場の様子や、
用語などには馴染みがある。

そして舞台も 三宮、尼崎、舞子と
知っている場所が出てくるので懐かしい。
もちろん昭和40年代の神戸は知らないけれど。

ちなみにママの弟は銀行マン。
ということは鉄鋼マン系(何だそれ?)のママが鉄平のキムタク
弟が銀平の山本耕史ね。
な~んて、当たり前だけど
我が家は華麗なる一族、とは程遠い。
おもしろいからちょっとあてはめてみただけ。

昨日夜更かしして見たのが7話。
「高炉爆発」

いよいよ物語はクライマックス。
早く続きが見たいな~☆
[PR]
by JUN-25S | 2007-03-20 16:01 | ひとりごと
<< 半分後悔 半分満足 Comfort Taxi >>