独り映画鑑賞

RINもいない、まったくの おひとりさま♪

今回は 山田洋次監督最新作 キムタク主演の
『武士の一分』

この映画が観たかったのが半分、
最近イライラしていたので 独りっきりになりたかったのが半分。

日曜の夕方早めに夕食の準備をし、
全て分かりやすく用意し、
パパに3姉妹を託すと
ママ身軽になって映画館へ。

映画は時代劇にしては剣を交わすような
戦いばかりの重いものではなく
内容もシンプルで分かりやすいもの。

キムタクは前半は演技がいつものように軽い現代風で
「あれ?」と思ったものの、
難しい盲目の演技はなかなか。
立ち回りも迫力アリ。この人剣道やってたんだっけ?

相手役と、脇役の俳優の演技も上手で
夫を立てる妻の姿がなんとも新鮮(自分と比べて・・・爆)。

そしてコミカルな場面もあり。
ところどころで笑いも誘い、
最後は悲観的でなく、ほのぼのとした気持ちのなれる
よい終わり方だったと思う。

映画が終わり、家に戻ったのは9時半過ぎ。

パパとお風呂に入った3姉妹が大急ぎで玄関に出迎えにきた。
「ご飯いっぱい食べたよ!」「パパとお風呂楽しかった~。」
留守の様子を口々に話し出す。
いつもと違うことは何でも楽しいんだね。いいことだ。

「じゃあ、またパパとお留守番しよっか?」
「うん!!」

と、いうわけなので 近々また行きます。よろしく。
[PR]
by JUN-25S | 2007-05-01 16:08 | 映画
<< 今年も 卒業続き >>