イスタナ訪問

シンガポールの大統領官邸(イスタナ)は年に数回オープンデイがあり
危険人物でない限り(笑)誰でも入れる。

ナザン大統領が住んでいる、そんな重要なところを
一般公開してしまう シンガポールってすごい。。。

先日の5月1日のレイバーデーがちょうど公開日だった。

シンガポール市民は無料。
外国人は入り口で1ドル払う。
空港並みの厳しいセキュリティチェック。

持ち物検査も、セキュリティブースもあり。
が、よりによってここに来る直前に
近くのカルフールでチャッカマン(ガス式ライター)を購入していたママ。

もちろん警備の人に見つかる。
しかし子連れのためか怪しまれることも没収されることもなく

「くれぐれも中で使用しないように。」と苦笑いされた。。。

しませんってばっっ!

a0074753_1301851.jpg

ところでこのイスタナ、とにかく広い。
歩き始めてまず、信号があり、その先にはゴルフのショートコースが広がっている。

a0074753_1385997.jpg
子供たち大喜びで芝生へ。
はてしなく広がる芝生を奥へ進むと
滑り台やジムなど子供用の遊ぶスペースあり。
もちろん公開日用に用意したものと思われる。

早速遊びだした3姉妹。
メインの官邸へ行く途中、思わぬ足止めをくらう。

遊んでいると偶然おしゃべり兄妹家族にばったり。
a0074753_1305784.jpg

いつもの調子で仲良く遊びだす子供たち。よかったね☆

この日は夕方の雨上がりで曇っていたため暑くはなかったが、
これ、晴れの日の日中だったらどうなっていただろう。
楽しく遊ぶ子供たちとは対照的に
ばて気味の親たち。。。いちいち広いので歩くのが疲れる。

a0074753_1315356.jpg
そして大統領官邸。

官邸内はまるで
結婚式場の披露宴会場のように
(我ながら例えが貧相だ。。。)
ゴージャス。
世界各国から送られた置物などの
品々が展示されていた。

そうそう、ここに入るのにも別途1ドル必要。

ところで
イスタナに住んでいるナザン大統領、
公開日には どこかへ非難しているのか
見かけなかった。当たり前だけど。

a0074753_1322923.jpg

入り口の衛兵と記念撮影。
身動きしない衛兵が
RINは不思議だったよう。



次回はレジャーシートを持ってきてピクニックしてもいいですか?
といった雰囲気の
(実際にシートを広げて飲み食いしているグループ有)
緑いっぱいの公園のような 大統領府だった。
[PR]
by JUN-25S | 2007-05-04 01:26 | おでかけ
<< こどものひ おうちでネイル >>