どっちもどっち。。。

毎週月曜日の夕方
AMIとYOUは コンドミニアムのプールで
シンガポーリアンのコーチによる
スイミングレッスンを受けている。

レッスンは約一時間。
その間ママたちはプールサイドで見学しているが
もちろんじっとしてはいないRIN。

洋服なのにプールサイドぎりぎりまで行き、
水に足をつけてみたり、顔を洗ってみたり、
すぐ側のジムの2階に登ってみたり、
プレイグラウンドまで走り去ってみたり。
そして結局はプールに入りたいらしく
プールの周りをうろうろ。

毎週、RINを追いかけるのにへとへとのママ。
もう一人のママは優雅にわが子のレッスンを見学してるってのに。
そして結局毎回RINと二人で濡れてしまっているので
いっそのこと、と 今週からRINとママもプールに入って待つことに。

やっぱり楽。

プールで浮き輪に浮かべておけば
脱走することもなく ご機嫌で遊んでいる。
このまま一人で放置しておきたいところだが
まだまだ1歳。
油断すると 浮き輪ごとひっくり返ってシンクロ状態
になりかねないので
こっちも いつでもプールに入れる状態で
見張ってなきゃいけない。

夕方のプールの水は昼間の熱気で温まっているし、
日差しもきつくないので日焼けの心配もなくママも安心。

ま、隣のプールでレッスンを受けている姉たちの真似をして
「こんなもの、いらない。」とばかりに(生意気な!)
浮き輪を使うのを拒否することがあるのが難点だけど。


30分でママとRINは切り上げようと思っていたのに
結局1時間のレッスン中ずっとプールに入っていた。

さて
1時間もプールにいるとママも程よい疲労感が。
たまにはいいかも・・・。

なんて考えていたけど、とんでもない!

その後自分を含め、子供たちを着替えさせ、
夕食を仕上げて、食べさせ、風呂にいれ、寝かせる
一連の夜の流れは かなりしんどかった

レッスン中にRINを追いかけて疲れる のをとるか、
プールに入り夜になって疲れる のをとるか、
二つに一つ、どっちも・・・。
[PR]
by JUN-25S | 2007-05-30 10:13 | シンガポール生活
<< 我が家の戦士 送別会 >>