ファイアーワークスセレブレーション

シンガポールの独立記念日のイベントの一つとして
この週末の金土にファイアーワークスセレブレーション
(花火大会)が行われた。

金曜の夜、我が家は花火が打ち上げられる場所とは反対側に窓があるため
どどどどどという花火の上がる音が聞こえるのみ。
観たいな~、気になるな~。。。

よって土曜日はせっかくなので花火を観に
打ち上げ会場近くの場所まで出かけることにした。
どこから見たらいいのかいまいちよく分からなかったが
マーライオンパーク周辺なら確実だろうとラッフルズシティまでMRTで移動。
しかし、あまり公園のほうまで行ってしまうと、
帰りが人混みで大変なことになりそうなので
手前のフラトンホテルの前の道路沿いに場所を確保。

最初は空いていたのに花火開始前になると人があっというまに人が集まり
身動きが取れない状態に。

人混みは去年の正月、日本での初詣以来で軽く酸欠状態。。。

花火は9時からということだったのに15分ほど遅れてスタート。
(ありえない・・・。)

下のほうにあがる小さめの花火は建物に隠れて見えなかったものの、
大輪の花火はよく見え、音も大きく
最後は大輪の花火が炸裂し、フィナーレ。
花火終了後はあたり一面煙で真っ白。

1時間くらい続く日本の花火に比べると20分間であっという間だったけど
周りにたくさん集まっていたシンガポーリアンたちは
花火が上がるたびに大喜びで「ワ~オ!」と歓声をあげて
かなり盛り上がっていた。
そして目の前の道路にトラックやバスが信号停止し、一瞬花火が見えなくなると
皆が一斉にブーイング、お祭り気分で楽しい。
3姉妹も久し振りの花火に大喜び。

帰り 駅まで向かうホテル裏の川沿いの道が狭いため、大混雑。
日本の花火だと、早めに切り上げて帰ることも可能だが、
たった20分の花火、切り上げようがないし
周りは人でぎっしりうめつくされているので身動きが取れない。
結局大人しく流れに従って駅まで移動。

MRTは思ったほど混んでいなかったのでよかった。

ホテルや部屋の窓から花火が見えるのは素晴らしいけど
やはりドオンと体に響く大音響と人混み(?)があってこその花火かな。
[PR]
by JUN-25S | 2007-08-18 23:21 | シンガポール生活
<< おけいこ復活 てがみ >>