シークレット・サンタ

続きましてはAMIの学校の
クリスマスコンサート&クラスのポットラックパーティ

AMIはコーラス部に入っているので
コーラス部でクラスのメンバーと一緒にと2度ステージに。

ノリのいい曲はリズムに合わせて体を揺らせたり、
手拍子が入ったりと、子供たちも楽しそうに歌っていた。

その後 引き続きクラスでのパーティ。
簡単な持ち寄り料理でのランチ。

クラス全員の親が来ているわけでもないし、
逆にパパも一緒に来ている親もありで、イロイロ。

さて このパーティでの子供たちのプレゼント交換として
『シークレットサンタ』なるものがあった。

事前に欲しい本のヒントを紙に書いて
クラス内で交換(クジ引き)し、
それを参考にプレゼントの本を購入して
贈り主が分からないようにして (もちろん親が)準備。

これが大変だった。

AMIが持ち帰った紙には
お気に入りの作者の名前・犬が出てくる話希望・
ハッピーエンドで終わるもの・文字が多めの絵本

とだけ。

そ、それだけ・・・。

日本語の本なら
作者を知っていたり、ある程度ストーリーも分かるので
探しやすいのに、
当たり前だけど洋書から探さないといけないため、苦戦。

とりあえず、本屋でヒントのメモを店員に見せてみた。
するとその作者の本はあるけれど犬はでてこない、と。
それならば犬がでてくる本に的を絞って
片っ端から 表紙を目安にそれらしい本を探すことに。
この忙しいときに・・・。

具体的にタイトルとか、おしえてほしかった。。。

当日帰宅後のAMIによると
ママが購入した本をもらった子供はとても喜んでいたそうで一安心。

しかし、AMIなどは、
今彼女の中でブームの伝記物(ヘレンケラーやナイチンゲール)
がよかったらしいのに
もらった本は『シンデレラ』。・・・何だそれ。

リクエストの英語の文章が伝わらなかったのか、
真剣に探さなくても 適当な本でもよかったのか。

趣旨どおり、真面目に該当する本を探す努力をしたママは
きっと典型的な日本人なのだろう。。。
[PR]
by JUN-25s | 2007-12-13 23:55 | 学校
<< 新年度 バレエ発表会 2007 >>