子供の選択

「プレゼントは何をもらうの?」と聞くと、

RINは「しゃんたー、くりしゅましゅー。」と、何でもいいわとの返事。

YOUは即答で両面筆箱。ずっと欲しかったらしい。

AMIはいろいろ考えて、悩みぬいた挙句
ヘレンケラーの本と鍵つきの日記帳(←アンネ・フランクを読んだから?)。

う~ん、そんなもので良いのか
まあ、実用的で親的には◎。

それだけでは寂しいのでそれぞれ別に他の小さなプレゼントもプラスして
大きな袋にまとめてラッピング。

クリスマスの朝、プレゼントがツリーの下にあるのを見つけると
3人で大喜びして、状況を理解していないRINもついでに小躍り。
ちゃんとリクエストしていたものがもらえて本当に嬉しそう。

RINにはおもちゃを用意したけど
それよりもおまけにつけたブーツのお菓子に夢中。そんなもんよね。

筆箱と絵本の包装紙を見てAMIが目ざとく

「あ~!kinokuniyaって書いてある。
何で~!?」


あははっ、シンガポールのサンタさんは紀伊国屋で選んだんじゃないかな?

メリークリスマス☆
[PR]
by JUN-25S | 2007-12-25 08:59 | 子供
<< クリスマスの過ごし方 クリスマスプレゼント >>