2日を過ぎると

クリスマスデコレーションの撤去開始。

シンガポールの元旦はただのNEW YEAR HOLIDAYで
ほとんど重要視されることもなく、
10月下旬からず~っと
クリスマスムードが街全体を覆っていた。

それもお終い。

オーチャードのスコッツの交差点にあった
おもちゃの兵隊のゲートも
取り壊しをしていた。

作業員が足で踏んでつぶしているのをみると
きれいな柱だと思っていた部分は発砲スチロール。
板も踏んだだけでぺしゃんこ。

豪華に見えても所詮ハリボテ。

そして早くも街中やショッピングセンターは
赤と金の中華風デコレーションに様変わりし、
チャイニーズニューイヤー仕様になっている。
[PR]
by JUN-25s | 2008-01-04 09:45 | シンガポール生活
<< お餅つき 歩くカルガモ親子 >>