English Lesson for Parents

AMIの学校主催の
保護者のための英語教室に通うことにした。

いいかげん「中国語の勉強している場合ではないだろ!」
状態の悲惨な英語をなんとかしたくて。

全部で5人のクラスらしいが
初日の今日出席したのはママとイタリア人のママのみ。
一回4時間の長丁場。
なのに生徒は2人で
なかなかハードなプライベートレッスン状態。

イタリア人ママ、外見は英語がペラッペラに見えるのに(アジア系ではないから)
母国語ではない英語は苦手らしい。

日本人は比較的文法は得意だし、単語力もある。
が、コミュニケーション能力が上のイタリア人は
文法めちゃめちゃな英語でもしゃべるしゃべる。しゃべりだしたら止まらない。
巻き舌がすごくて時々聞き取れなかったりもするが、
こういう積極的なところは、見習わないとなあ。

そして彼女は
「イタリアの学校では英語の読み書きを勉強するけれど
会話の時間が少なくて、英語を勉強していても喋れない。
海外で暮らすようになるととても困る。」
と。
これ、よく日本の英語教育でも問題視されていることだけど
イタリアも同じらしい。きっと他の国でもそうなんだ。

ところで担任の先生はイタリア語も話せる。
イタリア人ママが分からない表現や単語が出てくると
ついついイタリア語で先生に何やら聞いて、
先生も最初は英語で伝えるが、彼女が理解できないと
最終的にはイタリア語で教えてあげている

ず、ずるいぞ~!!
[PR]
by JUN-25S | 2008-02-14 16:26 | 習い事
<< Valentine's... エスプラネード周辺散策 >>