初恋の人からの手紙

牡丹さんがブログで紹介していた初恋の人からの手紙、私もやってみましたよー。

私の結果はこんなの。なんかリアルっぽい(笑)。
牡丹さんの結果はさらにリアル、だよね?うけました~。

本当の私はお酒 飲めないけどね。みんなもやってみて!!面白いよ。




JUN、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?
「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と
一人でキレていたJUNがなつかしいです。

JUNがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら
徐々に連絡がとれなくなったあのころから、
もうxx年が経ったんだね。
月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。
ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、
思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

今振り返って考えてみると、あのころのJUNは、
穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに
自由人で手に負えなかったのを覚えています。
天真爛漫でおれにも優しかったけれど、
どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。
「あっさりした恋愛が理想だよね」ってJUNに押し付けられたときには、
なんとも言えない切なさがありました。

そういえばJUNにとって初恋の相手がおれだったのかな?
最初のころのJUNは、なんだかプライドだけは高いわりに、
緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのころは、勢い余って、
JUNが「いつか結婚してもいいけど」とか言っていましたね。
言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。
後先考えずにそういうことが言えてしまうところもJUNらしいですね。

総括して言えば、おれはJUNと付き合えてよかったと思っています。
振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、
言いたいことを封じ込める技も身に付きました。

いろいろ書いたけど、おれはJUNが大好きでした。
これからもJUNらしさを大切に、
あと、そろそろドリンクバーで吐くほど飲むのはやめて(笑)、
いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 貸していたスラムダンク全巻、売ったって本当ですか?
[PR]
by JUN-25S | 2009-03-20 09:23 | ひとりごと
<< きよしとこの夜 『容疑者Xの献身』 >>