ティオマン島旅行 おまけ

旅行中 『Earth Hour』実施の日(3/28)がありました。

電気を消して エネルギーを消費せずに 過ごしましょうという世界規模のキャンペーン。
WWF(世界自然保護基金)が主催。

ホテルでも積極的に参加するらしく
当日部屋に 案内のチラシとキャンドルが配られた。
(しかしライターやマッチはなし。あれれ?)

『Earth Hour』は8時半~。
早めに夕食を済ませ ホテルのフロントのロビーで様子を伺っていると。。。

8時半になると一斉に ロビーの電気が消され フロントのカウンターも消灯。
カウンターの上に並んでいたキャンドルのみが灯されて。。。

そのまま 暗い道をレストランのほうへ歩いていくと
テーブルに配られたキャンドルのみで ディナー中。なかなかいい雰囲気。

建物周辺は真っ暗で プールサイドには懐中電灯を持ったホテルスタッフが立っていた。
落ちると危ないからね。特にRINとか。

明りを消していなくても、ただでさえうす暗いホテルの敷地内。
部屋へ帰る道もよく見えず 子供たちの足元が危ないなあと思っていると
ホテルのスタッフが後ろから 懐中電灯で途中まで道を照らしてくれていた。

空を見上げると 一面の星空。
地上が暗いので とてもよく見える。
シンガポールは街が明るすぎるから こんなに沢山の星は見えない。

その後部屋に戻り キャドルナイト過ごす・・・ことは出来ず
普通に電気をつけてお風呂に入りました。
子供の睡魔は待ってくれません。

でもまあ キャンドルナイトを実施しているホテルに滞在して
ちょっとだけ 参加できた気分。

さて 夜も明るいシンガポールでは どのように実施されていたのでしょうか。。。
[PR]
by JUN-25S | 2009-03-29 15:20 | 旅行
<< 感嘆文の使い方 ティオマン島旅行 >>