『昭南島に蘭ありや』

日本が太平洋戦争時代に東南アジアに進出していたことは
歴史の授業で習ったけれど
具体的に 日本がシンガポールを3年半占領し国名まで変えていたことや
シンガポールがマレーシアの一部で 1965年に独立した歴史について
ここに住むまでほとんど知らなかった。
多分住むことがなかったら 気にもとめないままだっただろう。

もちろん知らなくても生活はできるけれど
縁があって住んでいるからには
その国の歴史は知っておきたいと思う。

a0074753_23353118.jpg
今回フォード博物館へ行ってみようと思ったきっかけは
少し前に友達に勧めらて読んだ この小説。

日本軍の電撃侵攻を経て「昭南島」へ変わる
シンガポールの歴史の激動期を舞台にした
1人の台湾人青年の物語。

フィクションだけれど
事実がリアルに書かれているので 当時の様子が分かりやすい。
そして 第二次世界大戦を題材にすると 日本は敗戦のイメージが強いが
この小説は 大日本帝国が大戦初期に勝ち進んでいく様子が描かれていて
新鮮だった。

戦争・歴史ものだと抵抗があるかもしれないけれど
この小説のテーマは 実は恋愛
一気に読めてしまうので お勧めです。
[PR]
by JUN-25s | 2009-05-11 22:34 | ひとりごと
<< だって せんせいが いってたか... OLD FORD FACTORY >>