ハングリー・ゴースト・フェスティバル

a0074753_0312943.jpg
先月下旬から道端で
お供え物を燃やしたあとを見かけるようになった。
ちょうど今(旧暦7/15から一ヶ月間)は
ハングリー・ゴースト・フェスティバルという
日本のお盆のような時期。
道教の慣わし。
a0074753_0333932.jpg
a0074753_0341077.jpg
この時期になると ゴーストが
地上を徘徊し、災いをもたらすといわれているので
そのゴーストの魂を鎮めるため
路地や店先でお供え物の紙を燃やしたり
チャイナタウンでは劇を催したりするらしい。

そしてこの時期は霊が悪さをするから 夜遅くは出歩かない とか
結婚式はしない、引越しはしない、プールや海には、入らないとか
いろいろタブーがあるようだ。

しかしそれも中華系のみ。

マレー系(イスラム教徒)では すでにラマダン(断食月)が始っている。
日没後は 普通に出歩いて食事をしているだろう。

同時期に複数の宗教の慣わしが行われる。。。シンガポールだなあ。
[PR]
by JUN-25S | 2009-09-06 22:30 | シンガポール生活
<< てがみ YOUの場合 『Breeze』 >>