Fort Canning Park ツアー

友達とフォートカニングパークにあるBattle Box(バトルボックス)へ。
ここは戦時中の地下司令室。
大分前に家族で来たことがあったので 私は2回目。
こんなところに一緒に行こうといってくれる
(シンガポールの歴史に興味がある)友達がいるのは嬉しいこと。

爆撃の被害を受けないように作られた地下9メートルにある秘密基地。
迷路のような通路の左右に指揮官の部屋や通信室などがある。
最初にワイヤレスのヘッドフォンを借り、
それぞれの見学地点でナレーションを聞きながら進む。
日本語の説明もあるけれど 今回なぜか欧米人の観光客が多かったので
一緒に混ざって英語で。

a0074753_23182051.jpg
リアルな蝋人形を使って戦時中の
イギリス軍の作戦司令室を再現している。
ちょっとコワい。

当時日本がシンガポールを占領し、
英国軍を降伏させた様子が分かりやすく説明されている。

前回家族で来たときよりも、その後本を読んだり 他の戦争関連施設(シロソ砦
フォード工場跡地)を回っていたため
さらに詳しく説明を聞き取ることができてよかった。

日本軍侵略の事実を外国人と一緒に説明を受けるのは 結構辛いものがある。。。
それでも自分が今暮らしている国の歴史を知っておくことは大事だと思う。
なので これからも個人的なディスカバー・シンガポール&史跡ツアーは続く。

さて見学を終え、公園の中を通ってランチ予定のレストランへ。

a0074753_23225581.jpg
意外と分かりにく、迷ってようやくたどり着いた
『Flutes at the Fort』
緑に囲まれた ブラック&ホワイトのつくりの建物で素敵。
週替わりのランチメニューも美味しくて満足。
ゆっくりおしゃべりしていたら いつの間にか外は大雨。

a0074753_23271547.jpg
なんとこの日はシンガポールで
50年ぶりの大豪雨だったらしく
ちょうどその頃子供の学校があるブキティマエリアは
洪水状態で 大変なことになっていたらしい。

そんなことになっているとは 思いもせずに
ウエイターに「タクシーを呼びましょうか。」と言われるまで
の~んびりとお店で雨宿りさせてもらっていた。
[PR]
by JUN-25S | 2009-11-19 23:15 | おでかけ
<< クリスマス・ツリー&イルミネーション シャドウボックス 2作品目 >>