カテゴリ:映画( 75 )

復習しなくちゃ

家族みんなで映画鑑賞第2弾。

a0074753_16374659.jpg


今回は『Ratatouille』 (邦題・レミーのおいしいレストラン)

今回の映画も英語で字幕は中国語。
アニメ映画なのでまあ、内容は理解できるだろうと。
(子供たちはポップコーンさえあればいいみたいだし。)

さすがピクサー。
アニメといえども映像が素晴らしい。

舞台である、パリの街並みの様子も、
ライトアップされたエッフェル塔もとてもきれい。
ネズミが大量に出てくる場面には逆にリアルすぎて
ちょっと引いてしまったけど・・・。
ストーリーも笑いあり、感動ありで 安心して楽しめるもの。

ラストのグルメ評論家のセリフが
きっとこの映画のまとめになっていたと思うのだが
残念ながらママの英語力では漠然としか理解できず。

このシーンだけ、
もう一度しっかり見て聞き取り直してみたかったりする。。。
[PR]
by JUN-25S | 2007-09-09 22:34 | 映画

独り映画鑑賞

RINもいない、まったくの おひとりさま♪

今回は 山田洋次監督最新作 キムタク主演の
『武士の一分』

この映画が観たかったのが半分、
最近イライラしていたので 独りっきりになりたかったのが半分。

日曜の夕方早めに夕食の準備をし、
全て分かりやすく用意し、
パパに3姉妹を託すと
ママ身軽になって映画館へ。

映画は時代劇にしては剣を交わすような
戦いばかりの重いものではなく
内容もシンプルで分かりやすいもの。

キムタクは前半は演技がいつものように軽い現代風で
「あれ?」と思ったものの、
難しい盲目の演技はなかなか。
立ち回りも迫力アリ。この人剣道やってたんだっけ?

相手役と、脇役の俳優の演技も上手で
夫を立てる妻の姿がなんとも新鮮(自分と比べて・・・爆)。

そしてコミカルな場面もあり。
ところどころで笑いも誘い、
最後は悲観的でなく、ほのぼのとした気持ちのなれる
よい終わり方だったと思う。

映画が終わり、家に戻ったのは9時半過ぎ。

パパとお風呂に入った3姉妹が大急ぎで玄関に出迎えにきた。
「ご飯いっぱい食べたよ!」「パパとお風呂楽しかった~。」
留守の様子を口々に話し出す。
いつもと違うことは何でも楽しいんだね。いいことだ。

「じゃあ、またパパとお留守番しよっか?」
「うん!!」

と、いうわけなので 近々また行きます。よろしく。
[PR]
by JUN-25S | 2007-05-01 16:08 | 映画

ホラーじゃないよ

家族みんなで映画鑑賞。

a0074753_13261699.jpg


今回は『Mr.Bean's Holiday』




映画鑑賞はパパとAMI&YOUのみで
ママはRINと映画館の外で待っている予定
だったけれど
RINは先日のスケートショーの『ニモ』でもずっと寝ていたので

「今回も寝るかもしれないし?」という淡い期待
「騒いだらママが連れ出せばいいか。」という投げやりな思い

家族揃って、ということに。

映画はもちろん英語で字幕は中国語だが、
もともと台詞の少ないコメディなので多分問題なし

パパや子供達はMr.Beanが大好きだけど
ママはちょとシュールなお笑いが後味が悪かったりして
それほど好きではなかった。
なのでRINを連れての映画館の外での待機でも
構わなかった。

しかし、映画は予想以上に面白く、
見終わった後も テレビの短編のような
「う~ん。。。面白いか?」
という感じではなく
爽やかで、楽しい映画だったと素直に思えた。

YOUは「怖かった。。。」と。
どうやらBeanのアクの強い顔がスクリーンに
何度もアップで映し出されるのでビビッていたらしい。

ママは映画に出てきたフランス人の男の子が
とってもキュート☆だったので
男の子って可愛いなあとしみじみ。。。
フランス人の男の子のママっていいなあ。

ところでこちらの日本人の女の子のRINは
暗くなった瞬間にパパの抱っこで
映画の上映中ずっとねんね~。
よし、いいぞ。いい癖がついている。
ママと二人で映画に行っても
この調子で寝ておくれ。。。

ちなみにお値段9.5ドル(約760円)。
気軽に見られる値段で嬉しい。

次は何を見に行こうかな♪
[PR]
by JUN-25S | 2007-04-03 13:29 | 映画

映画鑑賞

a0074753_0134783.jpg
先週のこと。

映画館で日本の映画
「日本沈没
(Sinking of Japan)」

を見てきた。


一人で、あ、いや、RINと一緒に。

前回とは違う、初めて行く映画館だったので
「狭かったら ベビーカーが邪魔になるかな。」
とかいろいろ考えていたが
とりあえず行ってみた。

そしたら通路は広いし、とにかくがら空き。

問題のRINも一眠りした後だったので ご機嫌で
寝ぐずりの号泣はクリアー。

脱走を覚悟をしていたので 通路側の席に座ったが
暗闇が怖いのか
ママから離れることもなく 騒ぐことなく 叫ぶことなく
そのまま授乳&熟睡。楽勝V

映画のほうはというと

どうも本来のものを短く編集しているようで
不自然にブチブチきれていたところが残念。

ストーリーも災害以外の話、
例えばば主役2人のあまりにも無理のあるラブストーリーなど
いまいちなところが多かったが、

久々に日本中のいろいろな名所の風景が見られた。
熊本、北海道、京都に奈良、仙台もちらっと。
東京の澁谷に大阪の道頓堀。
そしてそれらが見事に崩れていく様子が。。。

大地震がおきたらこんな感じで何もかもが崩れていくのか
と、恐ろしくなった。CGお見事。

ともあれ、映画館で見る映画はやっぱりいい。
次は「DETH NOTE」でも行ってみるか。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-11-05 23:48 | 映画

目の保養

「海猿」を映画館で見てきた。

久しぶりに映画を見て泣けた。感動!!

伊藤英明 男らしくてかっこいい~!!
時任三郎 も 石黒賢 も 渋くなって素敵じゃないの! 日本男児。
今までそんなにかっこいいなんて思わなかった俳優達なのに
何故かイケメン揃いに感じた。
これぞシンガポールマジック
(という言葉があるかどうかは知らないけど)

いや、もちろん内容にも感動したのだけど
日本の俳優さんってこんなにかっこよかったっけ?
てなくらい惚れ惚れしてしまった一緒に行ったお友達とママ。

ま、戯言はこのくらいにして。

a0074753_0345714.jpg

今日はママのシンガポールの映画館デビュー。
日本にあるシネコンと一緒。チケット代なんと7ドル(約500円)。
日本のレイトショーとかより安い。
これなら気軽に見に行ける。

「海猿」は邦画なのでもちろん日本語。
中国語と英語の字幕が入っていて余裕があるときは
見比べたりできておもしろい。

え?RIN?
モチロン一緒に・・・。

最初は大人しく抱っこされていたものの、
次第に退屈しだして叫びそうになるRIN。
ボーロを与えてごまかしてみたり、
授乳(!?)してみたり。
(席は端だったし、暗いから。いつものことです。)

さらに ママによじ登ったり、下に降りてはいはいをしようとしたり
感動して泣いている横の友達にちょっかいをだそうとするRINを
ママは力ずくで阻止。
映画を見ながらも暗闇の中 無言でRINと戦っていた

そうこうしているうちにRINはぐっすり寝てしまい
感動のクライマックスはゆっくりと鑑賞することができた。

それにしても 本当にみんなかっこよかったのよ。(しつこい?)

その夜 パパにいかに俳優達がかっこよかったか、内容に感動したか
をアツク語った。
しかしタイ日帰り出張で疲れているパパには
思い切りスルーされてしまったママだった。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-01 00:35 | 映画