カテゴリ:ひとりごと( 54 )

寂しいな

今日はママのお友達の送別会だった。

Mちゃんとは幼稚園で知り合ったのだけど
最初会ったときに
「子供3人いて大変でしょう?うちのアマさん紹介しようか?」
って声をかけてもらった。

そのとき、まだこちらの生活に慣れていなくて
掃除も大変で困っていたので すごく助かったのだ。

彼女は来星2年以上の先輩。
シンガポール生活の本当に役に立つこととか、
幼稚園のこととか
いろいろ教えてもらった。

なんというか、
初対面でも とても話しやすく、居心地のいい人。
前向きで明るく、とても素敵な人だと思う。

このたび 事情があり急遽本気国することになってしまった。
これから もっともっと一緒に
シンガポール生活を楽しもうと思っていたのに
本当に残念。

日本でもMちゃん家族が元気で楽しく過ごせますように。
そしていつかまた、笑顔で会える日を楽しみにしているからね。
[PR]
by JUN-25S | 2006-11-14 22:59 | ひとりごと

目面しく

YOUが幼稚園から 遠足のお知らせをもらってきた。
また動物園へ行くらしい。

今学期のテーマがANIMALなので
この前も 図書館に動物のことを調べにいったり、
動物園にカンガルーを見にいったりしたばかり。
校外学習が多くて なんだか楽しそうでいいね。

で、読んでみると
「We will also having a picnic-style lunch.
Do pack healthy food for your children to enjyoy.」
と、書かれてある。

「お弁当がいるんだって。。。」

YOUに話すと大喜び。
YOUは昨年日本で AMIの通う幼稚園の
週一回の未就園児のクラスに通っており、
お弁当をとても楽しみにしていた。

シンガポールのローカル幼稚園では
共働きをしている親のために
普段は給食だし、遠足のときも
ファーストフードや園が用意した物を食べさせている。

今回は目面しくお弁当を持たせるようにと。
しかもわざわざ”healthy food"と。
いつもマクドやバーガーキングの
ポテトばかり食べさせているからね。
同じようなジャンクフードは持ってくるなと(笑)。

日本から持ってきたお弁当箱の出番がきた。
YOUリクエストのサンドイッチ。
おにぎりは腐りそうで心配だったけど
日本人のお友達はおにぎりの子が多かったみたい。

それより、今日も(多分昨日よりも)ヘイズがひどいから
遠足自体がきっと中止になると思ってたのに
行ったのね。。。

たまになら お弁当もいいよ。

な~んてこと言っていられるのもいまのうち。

来年の春にAMIは日本人小学校へ入学。
毎朝のお弁当作りが待っている。

しかも通学バスは朝7時台。
ママはいったい何時に起きたらいいの~。
[PR]
by JUN-25S | 2006-10-16 22:58 | ひとりごと

ちょっとしたこだわり

外国製の柔軟材の匂いが好き。
この匂いとの出会いは高校生のときに
アメリカにホームステイしたときから。

日本で日本の洗濯洗剤を安売りの時に買いだめしたとしても
こっちでローカルの安い洗剤を選んだとしても

柔軟材だけは高くても これがいい。

a0074753_10404680.jpg

いろいろな匂いがあるので日替わりでも楽しめる。

洗い上がりはモチロン、洋服やタオルをたんすにしまっておいても
ほのかに匂いが続くのがうれしい。
パパからは匂いがきつい、と不評だったりもするけれど

幼稚園でシャワーの後の着替えのときに
AMIは先生から
「AMIの洋服はいつもいい匂いがする。
ママがきちんと手入れしているのね。」
らしきことを言われたらしく 喜んでいた。

この柔軟材の匂いをかげるから、洗濯は好き。
ママのささやかなこだわり。
[PR]
by JUN-25S | 2006-10-11 10:44 | ひとりごと

病んでいました

ママの発熱が続いていた。

昼間は微熱でまだ調子がいいのだけど
ずっと頭痛が残り、夜になると熱を出すことの繰り返し。

昨日の夜はパパもいなかったので

(仕事ならあきらめるが、飲み会だという。
ママ、怒りをとおりこして悲しくなってしまった。
男の人って母親と妻、は丈夫なものだと思っているんだろう。
確かにママは普段は丈夫なんだけどさ。
自分が熱を出したときは
ふうふう言いながら一日中ベッドで寝てたくせに!)

熱が出ていたけど3人をお風呂に入れて早めに寝た。

どんどん熱が上がり、頭が割れそうなくらい頭痛がひどくなっていく。

耐えられなくなり、
本当はあまりよくないかもしれないけど

パパが以前熱を出したときに病院で処方された
解熱剤の残りを探し出して飲んでみた。

(本当は2錠だけど、怖いから1錠だけにしておいた。)

わらにもすがる思い。

次第になんとか熱も下がり、寝ることができ、
RINも夜泣きがなかったので助かった。

今朝、熱は下がったものの、頭痛は残る。

今日は昨夜の仕返しに子供の世話は極力パパにお任せ。

今日は愚痴のひとりごとで失礼。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-23 10:43 | ひとりごと

お父さんは心配性

熱が下がったRINの腕と顔にぽつぽつと発疹が出てきた。

水泡じゃないから水疱瘡じゃないし、
手のひら足の裏でないから手足口病でもないし、
はしかならもっと熱も続くし、
なんだろうね~。

でも熱も下がったしいいか。

とのんきに構えていたら。

「病院でみてもらったほうがいいんちゃうか?」
とパパ。

上記のママの初見を説明しても
「大丈夫かあ~?病院に行っておいたほうがいいぞ。」

娘が何人いても、
やっぱりパパは娘がかわいくて心配で仕方が無いのだね

パパを安心させるために病院で見てもらうと、突発性発疹でしょう、と。
確かに、高熱のあとの発疹。教科書どおり。
ま、これならなんの心配もなく 発疹が消えるのを待つだけ。

a0074753_10315760.jpg


熱が下がり、発疹がでているこの時期、
RINのぐずりや夜泣きがエスカレート。
それに伴い睡眠不足のママ、発熱。

それなのに、3人の子供をお風呂に入れないといけないこのつらさよ。

パパ、娘だけでなくママの心配もして早く帰ってきてよ。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-20 23:57 | ひとりごと

変化

パパが無事に開いたスーツケース
お土産を詰め込んで日本出張から戻ってきた!


a0074753_10142061.jpg
絵本とか
(こっちで本を買うと日本の1.5倍する)


a0074753_1016886.jpg
コンビニのお菓子とか
(何でもいいから新製品のお菓子を!という漠然としたリクエストをしたママ)


a0074753_10163156.jpg
らっきょう(笑)とか
(YOU大喜び、早速食べていた。)


a0074753_10165539.jpg
パパのお友達から
阪神タイガースグッズとか
(Tさんどうもありがとう!
ご家族のみなさんお元気ですか?)


他にもお米やらお菓子やらベビーフードなど沢山。

でも一番うれしかったのは
仙台の お友達からのお手紙。どうもありがとう。
写真も添えてあった。みんな大きくなったなあ。。。

春の幼稚園の卒園式の写真とDVDも同封されていた。
AMIは引越し直前に 卒園式で在園児代表の挨拶をしたので
そのときのもの。

そこには幼稚園のブレザーの制服を着て、
髪を二つに結んで大きな声で挨拶をする 幼いAMIがいた。
たった半年前のことなのに、まるで違う子供みたい。

AMIも大きくなった。

そして、黒くなった。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-18 10:28 | ひとりごと

どうもありがとう

義理の妹、つまりママの弟の奥さんから
3姉妹に誕生日プレゼントが届いた。


a0074753_2181187.jpg

かわいいお洋服。いつもどうもありがとう。


弟夫婦には 4歳のやんちゃな男の子
もうすぐ2歳になるしっかりした女の子がいる。
交互に出産を繰り返していた私達家族。

ママが里帰りするたびに いつも子供たちは仲良く遊んでいる。
ママも義理の妹Nさんと買物とかおでかけとかするのがとても楽しい。
Nさんみたいな妹ができてほんとうにうれしい。
我が弟よ、でかした。

お互い同じ年頃の子供がいるので 子供の話をしたり、
旦那の愚痴(つまりママの弟の愚痴)だって聞いてあげちゃう。
近くに住めたらいいねっていつも言っていたのに
こんなに遠くなっちゃったね。

子供たちもNさんが大好き。
(あ、Hさん(弟のことをAMIとYOUはさん付けで呼ぶ)
も少し好きだって。)

今度家族でシンガポールに遊びにきてね。
待ってま~す!
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-16 21:13 | ひとりごと

問題あり?

朝 幼稚園バスが来る前の一番慌しい時間に電話が。

昨日の深夜便で日本に出張に行ったパパから。

「あ、俺、さっき着いたんやけど。」

「何?」

「スーツケースの鍵、そこにない?」

「・・・。」


げ!あるやん~。しかもスペアキーと二個並んで。

パパ スーツケースの鍵を忘れて日本へ行ってしまっていた。
気づいたのは飛行機が関空に着陸するときだったらしい。
ママも昨夜パパを送り出してからそのまま寝たので
忘れ物に全く気づいていなかった。

出張や旅行は何度もしているが
スーツケースの鍵を忘れるのは今回が初めて。

「まあ、しゃーないな。
ドライバーでこじあけるかなんかしてどうにかするわ。」
と、パパ。

こじあけるなり、スーツケースを壊すなり、
ホントどうにかしてもらうしかない。

ママはパパに託した買物リストの品物を
無事に持ち帰ってくれたらそれでいいから。

*****

それから何の連絡もないまま数時間。
スーツケースがどうなったか気になるのでパパの実家に電話をすると。

簡単に開いたわ~。連絡せなあかんと思とってん~。」

と陽気な義母。
こじ開けたりせずとも、
ドライバーを使って留め金の部品をはずしたら
簡単に開いたらしい。

ああ、よかった。

ってよくないよ。
そんな簡単に開いてしまうスーツケースって問題じゃないの?
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-14 00:20 | ひとりごと

つらかったね

YOUの担任の先生からの連絡帳に

「YOUがクラスのお友達の腕をつねったため、
引っかき傷まで出来ており、先方の保護者がひどく怒っている。
注意をして、理由を聞いて欲しい。」

と書かれてあった。

びっくりした。
その子とYOUは仲良しのはず。
そんなひどいことをするなんて信じられなかったが

YOUにどうしてそんなことをしたのかと聞くと
「やっていない。」と言う。
AMIも「YOUちゃんは絶対にそんなことしていない。
その子は朝バスから降りるときに既に怪我をしていた。」
と必至にかばう。

しかし もし本当だったら先方に謝らなければならないし、
YOUに本当のことを言うように聞いてみたが
やっていないの一点張りで泣き出してしまった。

YOUは3歳児なので仕方ないが
言っていることがあやふやだったりする。
しかしAMIはいつも 連絡帳の必要がないくらい
かなり詳しく幼稚園でのことを話している。
そのAMIが違うと言っているし、
二人揃って嘘をついているとも思えない。

そこで

「本人は絶対にやっていないと言っている。
私もそう信じたい。
YOUがやったところを見た人がいるのか。
それががはっきりしないのならばこちらも注意のしようがない。
しかしもし本当であれば本人に注意し、二度としないように約束させる。」

と先生に返事を書いたところ
(今読み返してみると、否を認めずかなり勝手で
過保護な親の返事に思えるが)

犯人はYOUではなかったことが翌日判明。
先生は先方の母親から誤解だったと謝りの連絡を受けたそう。
その怪我をさせられた子が、親に聞かれたときに
つい仲の良いYOUの名前を出してしまい、
そのまま後に引けなくなったらしい。

子供って難しい。こういうことはよくあるだろう。
でも昨日YOUは 幼稚園で先生に叱られてしまったんだろうな。
やってもいないことに対して。
そして英語で弁解も出来ずに つらい思いをしたと思う。

やっていないと言うYOU、妹の事を必至でかばうAMI。
2人を信じてあげてよかった。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-08 00:21 | ひとりごと

今年も九州で水害。。。

シンガポールでは相変わらずの晴天が続いているが

日本の九州地方は南部を中心に、
活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続いている。
鹿児島県内では、土砂崩れなどで4人が死亡し、1人が行方不明になった。

ママの実家は九州。

昨年の夏、RINの出産で里帰りをしていたときに台風による水害にあった。
近くの川の水が氾濫し、家の前の道が川のようになり、
避難指示が出て、ボートで非難をしている人もいた。

ママたちが気づいた時には すでに大人の腰の高さにまで泥水があふれ、
子供、新生児を連れて(RINこのとき生後一ヶ月)
の避難はとてもじゃないが無理だったので、あきらめ
一階の家財道具を出来るだけたくさん二階に運ぶのが精一杯だった。

AMIとYOUは恐怖で泣くし、ママは産後一ヶ月の体での力仕事でばてばて。
RINがこのような状況でもずっと大人しく寝ていてくれたのが幸いだった。
近所の家が次々と床上浸水していく中 実家は多少高台になっていたせいか
床下浸水で免れた。

じわじわと水位が上がってくる 家の前の(もとは道だった)川のような
泥水の流れを見て、死ぬかもしれない程の恐怖を感じたのは
阪神大震災以来だった。

ただ、地震の時は自分一人だったのでなんとかなったが
今回、もちろんママの両親はいたが
自分が守らなければならない子供が3人もいるわけで
ほんとうに心細く、不安だった。。。


さて。
AMIとYOUはこの水害のときの様子が頭に強くインプットされているようで、

たとえば扇風機を強にすると

「きゃー台風よ!」
「水が上がってくるわ!大変!!」
と床の上にあるおもちゃを片っ端から高いところに積み上げて
去年の実家での様子を再現する。

また、当時、停電もしていたが、
懐中電灯をつけると、そのときの様子を思い出しては2人で語っている。
子供なりにいろいろ感じることがあったのだろう。


梅雨が明けてこれからが本格的な台風シーズンとなる。
昨年のような災害が起きないことを祈るばかりである
[PR]
by JUN-25S | 2006-07-23 15:22 | ひとりごと