<   2006年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雨降る夕方の悲劇

昨日、YOUが鼻水を出していたので 幼稚園から帰った後、病院へ。
診察時間終了間際なので空いていた。

その後ブギスジャンクションへ移動し、
夕食を食べて帰ろうと思っていたら

外は大雨。

雨がひどいので傘をさしても歩けないくらい。
タクシー待ちも並んでいたので
仕方がないので 病院の一階にあるフードコートで夕食をとることに。

まだまだ降り続く雨、しかも雨足さらにひどくなり、雷まで。

結局 病院のタクシースタンドに並ぶが なかなかタクシーが来ない。
診察時間が終了しているので 診察にタクシーで来る人も少ない。
オンコール(タクシー予約のための電話)をしようとも、
電話はずっとつながらず。
大雨だし、夕方だし、タクシーを捕まえるには最悪の条件

パパに会社帰りに迎えに来てもらいたいところだが
こんな日に限ってパパはタイへ出張中。
a0074753_10164931.jpg

この頃は、まだ笑顔なの。

次第に退屈する子供達。。。
外なのにハイハイをはじめるRIN。
ぐずりだすAMIとYOU・・・。
列の後ろのご夫婦がRINをあやしてくれたり、
AMIとYOUに飴をくれたりして 相手をしてくれた。
それなのに、RINが寝ぐずりを始め、もう限界

ようやくタクシーに乗れたのは並んでから50分後。

雨の日の夕方の外出は考え物だわ。。。あー疲れた。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-31 10:18 | シンガポール生活

さぷらいず!

住み込みのアマさんは雇えないママだけど
週に一度だけ お掃除に来てもらっているアマさんはいる。

最初の頃は もちろん自分で広い床のモップをかけていたのだか
使い慣れていないモップに汗だくになるわ
RINが周りをうろうろするわで
掃除がうまくできずに途方にくれていた。

そんな頃、幼稚園ママが自分の所に来ているアマさんを
紹介してくれた。
フィリピン人のアマさん、J
子供好きでとてもいい人。

でもママは庶民なので 最初の頃はお掃除をしてもらっている間
何をしていたらいいのか分からず 落ち着かなくてうろうろ、そわそわ。
今はRINが起きていたらRINとゆっくり遊び、
(普段は家事の片手間に遊んでいる感じなので)
寝ていたら 他の家事(アイロンや食事の下ごしらえ)
などをして過ごしている。

週に一度徹底的にモップがけをしてもらえるので
他の日は、さっと掃除を済ますだけになり
気分的にも楽 になった。

今日は 彼女が来て早々、
「誕生日を忘れていてごめんね~。」と
RINに誕生日プレゼントをくれた!
a0074753_2358176.jpg


かわいい くまのぬいぐるみ。
a0074753_23585088.jpg


前に一度誕生日を聞かれただけなのに
覚えていてくれたみたい。まさかプレゼントをもらえるなんてね。
なんだか申し訳ないわ。でもとっても嬉しい。よかったね、RIN。
J どうもありがとう~。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-30 00:01 | シンガポール生活

アマさん

シンガポール人は、共働きが一般的なため、
インドネシア人やフィリピン人の住み込みのお手伝い(アマ)さん
使っている家庭がたくさんある。
ここのコンドニミアムでも、多くのアマさんを見かける。
家の中にはアマさん用の小部屋もある。
アマさんのいないうちでは物置として使っているけど。

子供たちは夕方プレイグラウンドで遊んでいるが
日本人以外の子供はほとんどアマさんが連れてきている。

AMIとYOUは いつも子供といるアマさんがその子のママだと
思っているので ’○○君のママ’と呼んでいる。
違うけど説明するのは難しい。

一歳半くらいの韓国人の子供の世話をしていた
フィリピン人のアマさんに聞いてみたことがある。

「この子のママは働いているの?」 「働いてはいないけど。」

「じゃあ、子供の世話をあなたに任せて何をしているの?」

「さあ~?友達と食事やショッピングじゃない?」

「この子はママが恋しくないの?」

「別に平気みたいよ。」

う~ん。ママにはできない。。。
そりゃね、RINを預かってもらえたら 自由な時間が沢山できて
好きなことがいろいろできるな~とは思うけど、
大変なのも楽しいのもひっくるめて自分で子供を育てるのが
今の生活で当たり前になってるから
全て他人に面倒みてもらうなんて考えられない。

街中でもアマさん連れで買物をしている人をよく見かける。
荷物は全部持たせて、子供も預けてそれが当たり前。

そう、ここはメイド社会

アマさんを連れて買物なんて経験ないので
きっと「荷物、一個くらい持ちましょうか?」って言ってしまいそう。
けれど、雇い主と使用人の関係 をきちんと確立するためには
徹底的に厳しくする必要がある(らしい)。
そうしなければ 中には物を盗んだり、仕事をさぼったりと
あまりよくないアマさんもいるらしい。
そりゃ、そうだよね。

ママ、いつも沢山の子供の荷物を抱えベビーカーを押し、街を歩く。
その姿は3姉妹ののアマさんか。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-29 00:23 | シンガポール生活

ぷち・おくさま会

友達から奥様会の存在を聞いた。

奥様会とは・・・旦那さまの会社の奥様達の集まり。
基本は一流ホテルでのマダムランチ。

お洒落して、素敵なホテルでのランチ。
ま、いろいろ気は使わないといけないけれど
(上司の奥様とかもいたりするわけで)
なんだかいいな~なんて思っていたママ。

だってパパの会社の日本人は社長さん(単身赴任)と
同僚の一家族だけなんだもの。
奥様会なんて存在しない。ママには無縁のお付き合い
それはそれで気楽だけど。。。

。。。なんて思っていたら
その唯一の同僚のご家族がご近所に引越ししてきたとのこと。
そして数日後、その奥様から遊びに来ませんかとのお誘いが

これって奥様会じゃん!

同僚のご家族もYOUと同じ歳の男の子と1歳の男の子がいる。
さっそく手土産持参で遊びに。
そのご家族は 以前に別の国に駐在されていたので
目面しい話を聞かせてもらったり、お互いに子育ての苦労や
旦那の愚痴を話したりして。。。
とっても楽しいときが過ごせたので

マダムランチからは程遠いけれども
気軽に遊びにいける
普通のママ友達が出来ちゃいました。

次回のぷち おくさま会は我が家で。

日本でも社宅生活はしたことがなかったので
会社の付き合いなんて初めてだし、
以前はこういう付き合いは煩わしいかも?
なんて思っていたけれど
駐在生活をしている今は こういう付き合いも 少し心強い気がする。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-28 09:48 | シンガポール生活

ラクサ

近くに美味しいラクサの店の支店がある。

a0074753_92173.jpg


ラクサもシンガポールのローカルフードの一つ。

a0074753_922953.jpg


ココナツミルクベースのチリの効いたスパイシーな
でもクリーミーなスープ。
なんというか、日本にはなく
今まで食べたことのない味なので説明が難しい。
太めの短い麺が入っており、れんげですくって食べる。

このスープがおいしく ヤミツキになりそう。

ココナツミルクを使っているのでカロリーを考えると
ちょっと怖いけど。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-27 09:04 | 外食

衝撃映像

暗闇に何かが転がっていた。。。



a0074753_23534111.jpg


ダイニングの床で行き倒れるRIN。

カ、カエル・・・?
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-26 23:54 | 子供

5年間お世話さまでした~

ここ数日AMIの心をつかんでいたもの、

それは 抜けそうな前歯 だった。

幼稚園のお友達も すでに何人かは歯が抜けているらしく
「あ~早く歯が抜けないかな~?」
と妙に歯が抜けることに憧れていたAMI。

6歳の誕生日から数日後、ついにAMIの下の前歯が抜けた。

ずっとぐらぐらしていた歯の様子を
毎日のように実況中継していたものの、抜けるときはあっけなく。
もっと血がでたりするものかと思っていたが、
(そうなったらまた大騒ぎ、うるさいだろうな~。と思っていたママ。。。)

本当に ぽろっと抜けただけ
歯が自然に抜けるのってこんなものだったかな?

歯の生え始めも9ヶ月とやや遅めだったので、
抜けるのも遅いほうかもしれない。

寝返り→はいはい→伝い歩き→たっち と
めまぐるしく成長するRINに比べると
目に見えての成長を 最近はあまり感じなかったAMIだが
乳歯が抜けると、ああ、大きくなってるんだなと実感する。

それにしても子供の乳歯って真っ白で小さくてかわいい
大人のステインまみれのくすんだ歯に比べたら本当に真っ白。

昔は乳歯は抜けたら外に向かって投げたりしていたが、
最近ではかわいい乳歯用のケースに入れてとっておいたりするらしい。
以前は「歯なんて、とっておくの~?」と思っていたが
AMIの抜けた小さな歯をみたら捨てるのも はばかられる。

そこで乳歯入れにぴったりなケースを
ママ、インド人街で購入

a0074753_1014477.jpg

キレイでしょう?きらきらゴージャスでAMI好み。

これから数年かけて、歯の生え変わりの時期になるが
彼女の歯抜け笑顔の写真に乞御期待。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-25 10:16 | 子供

もはや

これまでか?

一歳をずぎ RINが本性を露わに

RINは出かけるとき、ベビーカーに乗せるとたいてい寝てしまう。
そのまま ママが買物をしたり、ぶらぶらしていていても
ずっと寝ているし、
今までだと途中で目が覚めてもご機嫌だったRIN。

ママがお友達とランチの途中に目覚めてもにこにこしていて
「RINちゃん おりこうね~。」なんて言われていたのに。。。

最近は途中で目が覚めると、まず叫ぶ。
あまりにもうるさいので 赤ちゃんせんべい をあげたりしてみるが
食べ終わるとさらに叫ぶ。
ベビーカーから身をよじって脱出を試みる。
さらにうるさく泣き叫ぶので 抱っこをする。

するとご機嫌になり
「あばあばあば」だの「ちゅからっちゅからっ」
などの不思議な呪文を唱えるRIN。

仕方なしに片手で抱っこをして 片手でベビーカーを押すハメになるママ。
これ以上ママの二の腕を鍛えてどうするよ、RIN。。。

いつものスーパーに行くと、たまたま泣いていないときなど
「今日は泣いてないのね~。」なんてお店の人に言われて
ばっちり覚えられてしまっている大号泣BABY

まさに行きはよいよい帰りは怖い。
買物は出来るだけ短時間ですませないといけなくなった。
無駄にぶらついていたあの頃が懐かしい(遠い目・・・)。
やはりRINは間違いなく AMIとYOUの妹、この時期がきてしまった。

a0074753_10241226.jpg

抱っこをやめて床に下ろしたとたんに これ。。。

マイ フリータイム!カムバアッック!!
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-24 10:01 | 子供

こっぱ微塵

ガッシャーン!!

こちらで生活を始めてからママは2回食器を割った。

最初はスープボウル。コレールのもの。
コレールといえば強化磁器でおなじみ
落としても割れにくい丈夫な食器。
実際日本の台所の床に落としたことがあるが割れたことはなかった。

そのときはフローリングだったり、カーペットだったりしたけれど。

大理石の床に落ちたコレールのボウル、こっぱ微塵
欠けたり真っ二つなんてことはなく、粉々。。。
鋭い破片がかなり飛び散っていた。
硬い床に落ちた衝撃はさすがに強かったようだ。

そして次はグラス。こちらはデュラレックス
これも丈夫で業務用にも使われているもの。
我が家でも何年も愛用していた。

これまたすごい割れ方。
イメージとして細かい氷砂糖がちらばったような。

。。。ママは割れにくいものは 万が一割れたときがすごいことを学んだ。

こうなったら大人も子供もIKEAのプラスチック食器使おうかしら?
それもなんだかねえ。。。

シンガポール人、豪華好き?
コンドミニアムのほとんどは大理石の床。

そりゃ、見た目にはきれいで、歩くとひんやり気持ちいいが
コップは割れるし、プラスチックのおもちゃですらおとしたら割れるし、
RINは一日一度は頭をごちんと打つし、
子供がいる我が家では あまりありがたくなかったりして。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-23 10:05 | シンガポール生活

季節感

グレートシンガポールセールも終わり
街中のショウウィンドウがすっかり様変わり。

a0074753_1048414.jpg

なんだか暗い・・・

全体的に黒や茶色のダークカラー。
日本であれば今の時期、季節を先取りして秋冬物が並ぶ頃だが、
ここ、シンガポールでもそのようだ。
一応半袖だったりするけれど、春夏の頃の明るい色とは対照的。

シンガポールでは一年中夏物を売っていると(夏物しかない)
と思っていたので結構びっくり。

特にバーバリーやフェラガモ・エトロetc...一流ブランドショップの
ショウウィンドウは すっかり秋冬
マネキンがファーのコート着てる。。。

北半球の季節に合わせて季節感を演出?
これから北半球に旅行に行く人や、旅行者は買うのだろう。

まあ、もちろんブランドの洋服なんてママは眺めているだけで
季節感があろうとなかろうと買わないえないけどね・・・。

季節感もいいけど 常夏の国の住人からみると ちょっと暑苦しい
[PR]
by JUN-25S | 2006-08-22 10:51 | シンガポール生活