<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ランタン・フェスティバル

10月6日は日本の十五夜にあたる中国の中秋節

それに伴い、この時期
中国庭園でランタン・フェスティバルが行われている。
a0074753_10425346.jpg


毎年テーマがあるらしく、今年のテーマは世界遺産

a0074753_10413554.jpg
世界各地の観光名所の巨大なランタンが沢山並んでいた。
ピサの斜塔、ピラミッド、タージマハール、エッフェル塔など。


a0074753_1042641.jpg
これら以外にも道沿いにカラフルなお花や可愛い蝶や虫、
池にもキレイな睡蓮のランタンが浮かんで幻想的だった。

雨上がりのせいか思っていたよりも涼しく
のんびりとキレイななランタンを見ながら園内を散歩することができた。


出店や子供向けの簡易遊園地などもあり。

そこでママ、どうしても気になる出店を発見。
さささっと文字を絵のように書いてくれるもの。
a0074753_10392835.jpg
a0074753_10395591.jpg


オーストラリアやハワイなどの観光地にありがちで
普通なら見るだけで多分わざわざ書いてもらったりはしない。
しかし実際描く様子を見ていると、
それはそれは見事で どうしても欲しくなり、
せっかくだから一枚書いてもらうことに。

見本中の四字熟語から「幸福安康」の字を選んで書いてもらった。
a0074753_10403496.jpg


文字が鯉や孔雀、竹などの絵で構成されている。
ランタンフェスティバルとは何の関係もないけど
縁起がよさそうでちょっと嬉しい。
ラミネート加工してもらったのでお部屋に飾りましょ。

ちなみにママがこの出店にいるときに
子供たちをパパに託していたらYOUが迷子になりかけたそうな。
すごい人混みだったからね~。

a0074753_10423139.jpg

中国庭園に入ったのは薄暗くなる前で
我が家は8時くらいには帰ったのだけど
それからも続々と入場していく沢山の人が。
シンガポーリアンの夜は遅い。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-30 10:37 | おでかけ

私の愛車!

忘れていたわけじゃないけど

ようやくYOUの誕生日プレゼント。
a0074753_1036336.jpg

念願の自転車

とても嬉しそう。
いつもAMIの自転車を借りていたからね。

ついでに まだ練習中だけど
AMIの自転車の補助輪をはずしてしまった。

こうなったら後戻りはできないよ。
コンドのプレイグラウンドの柔らかい地面の上でなら
転んでも痛くないから がんばって練習するのだ!
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-29 10:28 | 子供

広々

我が家のダイニング。
ついこの間までダイニングテーブルがあったのに
今はな~んにもなくてからっぽ。
a0074753_13412154.jpg


椅子が全て壊れていたので
オーナーがダイニングセットを引き取りに来たのだが
急だったため まだ新しいダイニングセットを買っていなかったので
ダイニングにテーブルなし。

さてその日の夕食はどこで食べようかと考えた。
この空間にレジャーシートを広げてピクニックも楽しいけど
お弁当ならともかく 普通のご飯は食べにくそう。
結局リビングのソファの前のコーヒーテーブルに並べてみる。

すると。

危険人物約一名。RIN。

さっそく並んでいるお皿の料理に手を突っ込んでみたり
やはり味噌汁をこぼしてみたり
しまいにはYOUのお茶碗も落として割ってしまった

仕方がないのでRINをベビーカーに乗せて動かないようにする。

「RINちゃん来るから早く食べなさ~い!」
と大慌ての夕食。

玄関のほうでRINも ベビーカーから降りようと大泣きする。

はいはい。ママが無謀でした。
1歳児がいるのに低いテーブルで食事なんてね。

ダイニングテーブルを買うまでホカーセンターで外食にするか。

が、AMIが今日再び発熱。
幼稚園をお休み。外食どころじゃないし。。。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-28 13:43 | シンガポール生活

熱があっても食べられるもの

シンガポールならではの食べ物に、カヤトーストというのがある。
カヤジャム(パンダンリーフと卵黄のジャム)とバターのトーストサンド。

このカヤジャム、見た目は緑色で(パンダンリーフの色)
糊のようだが とっても甘くておいしい。ミルクジャムのような甘さ。


発熱で幼稚園を休んでいるAMIに
何か食べたいものはないかと聞くと
「カヤトーストが食べたい。」と。

「買ってこようか?RINと留守番出来る?」と聞くと
どうしても食べたいから留守番してるというので
急いで買いに行った。

家の近くのショッピングモールに
カヤトーストの有名チェーン店「ヤ・クン(亜坤)カヤトースト」
が入っている。

パンの厚さを半分に切って炭火で焼いた
トーストの間にカヤジャムとバターが挟まれている。
ここのカヤトーストはAMIの大好物
さくさくとした薄切りトーストに
甘~いカヤジャムと冷たいバターの味が絶妙。


a0074753_1039378.jpg
ついでにビタミンCたっぷりの
マンゴージュースも。


カヤトースト効果か
夕方には熱も下がり、早くも復活。
脅威の回復力。

そして幼稚園から帰ってきた
YOU(遠足で動物園へ行ったのでお疲れ)と
いつもどおり遊び、そのうちにけんかを始める。。。

大人しい、しゃべらないAMIなんてほんの数時間。。。

ま、元気なのはいいことだ。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-27 10:37 | 食べ物

恐るべき連鎖反応

買物途中に幼稚園からの呼び出し電話。。。

今度はAMIが発熱(泣)。

幼稚園へ迎えに行き、そのままタクシーで病院へ。

病院の先生にしっかりと自分で症状を話すAMI。
ところが熱を測ってみると39度7分もあり、
ずいぶん高いね~と先生も驚く。

念のため、インフルエンザの検査をしたものの 陰性。
ママと同じく、なんらかのウイルスによる発熱らしい。
ちなみに、
「赤ちゃんの突発は大人にはうつりませんよ~(笑)」と。

今回の発熱、RINからでなければ

ママはいったい何のウイルスをもらって
さらにAMIにうつってしまったのだろう??

診察後 AMIはさすがにぐったりして
病院のソファーで寝てしまっていた。

できればAMIは抱っこしてあげたい。でもできない。
なぜなら その場にはもれなく
ベビーカーは嫌なの!歩き回りたいの!盛りのRIN &
喉が渇いた!何か食べたい!ぐずぐず盛りのYOU

がいるから。

さらにこんな状態で タクシースタンドに並ぶなんて不可能。

AMI、3人の中であなたが倒れると一番大変だわ。。。

そこでちょうど会社の定時も過ぎていたのでパパに電話でHELP!
するとシンガポールの西の端からにもかかわらず
すぐに車で迎えにきてくれるという。

やっぱりパパはママが娘がかわいくて心配で仕方が無いのだね。
(再び)


(・・・というより、帰ろうと思えば定時で帰られるのでは。
普段はなぜ遅い?)

そして思ったよりも早くパパ登場。
これで先週のこと 水に流してあげよう。(何様?)

さて、あとは熱が下がるのを待つばかり。
つい最近自分が熱をだしただけに、つらさがよく分かる。
早く治るといいね。
そしてこれ以上 他の家族にうつりませんように。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-26 00:42 | シンガポール生活

バースデーパーティ

AMIが幼稚園からクラスのお友達Jくん(男の子、欧米系)の
バースデーパーティの招待状をもらってきた。

AMIに聞くと「行きたい!」と目を輝かせる。
(多分、パーティ会場がプール脇なのでコイツはプールが目当て)

日曜なので本当はパパ一人で子供たち連れていかせようか
と思ってたけれど
ママの体調もよくなってきたし、
AMIが「ママも来て!」とうるさいので、ママも行くことに。

着いてみると既に何人か集まって、おしゃべりしたり、遊んだりしていた。
同じクラスの日本人のお友達もちらほらと。
それ以外は皆欧米系の親子ばかり。

まず、Jくんのママとパパを見つけてご挨拶しないと、と探していると
「キテクレテアリガトネ~。」
日本語でにこやかに挨拶して近づいてくる人が。Jくんのママ。
なんとJくんのママ日本に住んでいたことがあり日本語が出来るらしい。
そしてパパも日本語を少し話していた。ちょっとホッとした。

さて、パーティのはなし。

ママたちが着いて少ししてから、子供達を集めて写真撮影。
その後、子供たちを並べてボードに自分の名前を書かせたり、
音楽にあわせてダンス、椅子とりゲームなどあれこれ。

a0074753_10473123.jpg


子供がダレて来た頃にお待ちかねのプールタイム。
すぐ隣のプールに飛び込む子供たち。
a0074753_1111967.jpg


a0074753_10414692.jpg
プールでも何人かのパパ達が的になって子供達が水風船を投げつける!
ゲームをしたりで大盛り上がり。


Jくんのママは次々に子供たちに遊びやゲームを提供し、
パーティを盛り上げていく。
(それなのに主役のJくんはプレゼントのおもちゃで
マイペースに一人で遊んでばかり だったが・・・)

料理もいろいろ。
a0074753_10482359.jpg
いなりずしやのりまきも。
「日本ニスンデタカラコレクライデキルヨ~!」
とJくんのママ、すごいなあ。。。


あっという間に4時間近くたち、
ケーキが登場。
そうなると万国共通、ハッピーバースデーの歌を皆で歌う。
英語、スペイン語、中国語、日本語(おたんじょうびおめでと~)、
フランス語、
と順番に歌った。それぞれの国の人が来ていたということ。

最後までいた我が家、また写真撮影にも参加。
a0074753_1184550.jpg

自宅のコンドのプールサイドでバースデーパーティを開くのは
楽しいけれど
よく見ているとやはり、ステイのメイドさん が料理の補充や
空いた皿の後片付けなどの、裏方の雑用をしていた。
だからホスト、ホステスはパーティで客の相手に専念できるわけ。

出席者でもRINと同じくらいの赤ちゃんがいる家庭は
アマさん同伴で来て、赤ちゃんはずっとアマさんがお世話していた。
我が家はパパがRINをずっと抱っこしていたけれど。。。

ま、主催するのは不可能でも、参加するのは楽しいので
また子供たちの誰かが招待状をもらってきたら嬉しいな~♪
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-25 10:42 | シンガポール生活

RINからの贈り物?

ママの熱の原因。

医者いわく、
風邪の症状は全くなく、熱と関節痛のみなので
ウイルス性のものらしい。
そうなるとインフルエンザが疑われるが
まだ日本でも、シンガポールでもインフルエンザは流行っていないので
当てはまらない。(ママが第一号とかじゃないの?)

子供から知らないうちに移ったりするらしい。
そして子供は軽くすむのに、大人が移るとひどくなる場合が多いそう。

ということはママ、RINの突発をもらったのかしら?

あ、パパの薬を飲んだのは正解でした。ご安心下さい。

なんにせよ、だらだらと発熱は続く。
昼間は37度台の微熱なので調子がよく動いてしまうので
夜になり熱が上がり、後悔することの繰り返し。

昨日の夜はチャイナタウンの中秋節
ライトアップセレモニーの日。
花火やライオンダンス、ダンスパフォーマンスがあるらしい。
もちろんチャイナタウンの華やかなイルミネーションも見てみたい。

が、やはり夜になって熱が上がってきたのでパパにお願いして
AMIとYOUを連れていってもらうことに。

結局チャイナタウンはものすごい人ごみで
ダンスとかもちょっとしかみられなかったそう。

空いてる平日の夜に
ママとチャイナタウンにイルミネーション見にいこう!
元気になるから待っててね。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-24 11:46 | シンガポール生活

病んでいました

ママの発熱が続いていた。

昼間は微熱でまだ調子がいいのだけど
ずっと頭痛が残り、夜になると熱を出すことの繰り返し。

昨日の夜はパパもいなかったので

(仕事ならあきらめるが、飲み会だという。
ママ、怒りをとおりこして悲しくなってしまった。
男の人って母親と妻、は丈夫なものだと思っているんだろう。
確かにママは普段は丈夫なんだけどさ。
自分が熱を出したときは
ふうふう言いながら一日中ベッドで寝てたくせに!)

熱が出ていたけど3人をお風呂に入れて早めに寝た。

どんどん熱が上がり、頭が割れそうなくらい頭痛がひどくなっていく。

耐えられなくなり、
本当はあまりよくないかもしれないけど

パパが以前熱を出したときに病院で処方された
解熱剤の残りを探し出して飲んでみた。

(本当は2錠だけど、怖いから1錠だけにしておいた。)

わらにもすがる思い。

次第になんとか熱も下がり、寝ることができ、
RINも夜泣きがなかったので助かった。

今朝、熱は下がったものの、頭痛は残る。

今日は昨夜の仕返しに子供の世話は極力パパにお任せ。

今日は愚痴のひとりごとで失礼。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-23 10:43 | ひとりごと

ご近所さん

コンドの同じフロアに住んでいるシンガポーリアンのAさん。

彼女が越してきたばかりのとき、
キッチンのガスがつかないので どうしたらいいかと訪ねてきた。
ママもよく分からなかったけど
火がつかないようだったのでマッチを貸してあげた。

すると翌日マッチのお礼にと子供たちにお菓子をくれた。

その後はあまり会うこともなかったのだが

最近になって

「子供たちにどうぞ」と

マフィンをくれたり

パンをくれたり(プロバンスの!)

その度に子供たちは大喜び。

何かお返しをしなきゃと思って
先日パパの日本出張のときに日本のお菓子をお土産に
買ってきてもらった。
子供たちを連れてお菓子を渡しに行くと、

「あがってっいって~。」と。
遠慮なくお邪魔してくつろぐ子供たち。

「この次からは一人で遊びにきてもいいですか?って
英語でどう言うの?」

とAMI。
おばさんのことがよほど気に入ったらしい。
そして帰りにはまたパンとお菓子を貰って帰ってきた。。。


そして昨日も、
「うちの娘(12歳)も好きだからよかったらどうぞ」と

a0074753_112380.jpg
マフィンとケーキとぶどうまで。。。

いつもありがたく頂いてばかりだけど
こんなにもらってばかりでいいのかしら?
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-22 10:53 | シンガポール生活

次から次へ

さらに病院ネタが続く。

2週間ほど前に AMIが家の玄関のドアで親指を挟んだ。
ちょうど蝶番のところに手をかけて靴を履いているときに
ドアがしまってしまったため。

玄関のドアはとにかく大きくて重い。

指を見るとつめの間から血が流れている。
コレを見せたら気が弱い (普段は強気なのに
自分が怪我をするととたんにへなちょこになる)AMIは
パニックを起こすと思い
すぐにティッシュでくるみ、見せないようにぐっと握り締め

「大丈夫だから。病院行くからね。」と落ち着かせた。

・・・でも、ママ「めきっ」っていう何かがつぶれる音、聞こえたんだよね。
だから病院に着くまで内心どきどき。

結局骨や神経に異常はなかったので一安心。
子供の骨は細いから、よっぼどぺしゃんこになるまで挟まないと
折れたりはしないらしい。
でもこれがRINの指だったらと思うと、ぞ~~~!!
あ、もちろんAMIもかわいそうだけど。

そして最近は痛みもなくなってきたらしく、
絆創膏をしていないのだけど


爪がだんだん


エメラルドグリーン色に・・・


a0074753_102897.jpg


これってやっぱり そのうちに 剥がれてしまうんでしょうか。

YOUの鼻ビーズ事件(これは未遂だったけど)といい、
RINの熱性痙攣といい
定期的に誰かに何かがあり、病院にお世話になる子供たち。
世の小さい子供をもつ全てのママ達と同じで
ママも気の休まるときがないのだよ。
[PR]
by JUN-25S | 2006-09-21 10:19 | 子供